クレジットカードマイスター

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

クレジットカードの種類と選び方の基準を詳しく解説します

世の中にはたくさんの種類のクレジットカードがあり、カード会社は顧客獲得のために独自の付帯サービスや特典を打ち出しています。そんなたくさんあるカードの中から1つを選ぶのは、なかなか難しいものです。今回はそのクレジットカードの選び方について説明しましょう。

今回の内容は初心者中の初心者向けの内容になりますので、悪しからず。

 

クレジットカードは大きく4つのランクに分けられる

RANK

まずは、クレジットカードには大きく4つのランクがあることを理解しておきましょう。そのランクは以下の4つです。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

この4つの中で、基本的に誰でも申し込みができるランクは、一般カードとゴールドカード。プラチナカードやブラックカードはカードの利用実績を積んで、カード会社からの招待(インビテーション)が届いた人だけが申し込めます。

年会費については、一般カードは年会費無料のものから3,000円程度のものが主流で、ゴールドカードは年会費2,000円程度から15,000円程度のものが主流です。

 

カード選びの基準となる付帯サービスと特典について

Service

これからクレジットカードを選ぶ人なら、まずは以下の4つを選択肢について考えてみるといいでしょう。

  • 年会費
  • ポイント制度
  • 海外旅行傷害保険
  • 空港ラウンジなどのステータス面

年会費

まずは、年会費。先述したとおり、ご自身で申し込みできるカードの年会費は、無料のものから15,000円程度まで幅広くあります。年会費が上がるほど、付帯サービスや特典も充実し、どのカードも年会費以上の恩恵はあります。しかし、ここで考えていただきたいのは、「自分のライフスタイルにそのサービスや特典が必要か」ということです。

例えば、海外旅行に全く行かない人なら、海外旅行傷害保険が手厚くても無意味です。ただ、年会費1,000円で海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで付帯されるクレジットカードがあるとするば、年に1回の海外旅行で、年会費分以上の恩恵を受けることができます。

人によってライフスタイルは違うので、しっかり年会費と自分に必要な特典をじっくり比較してみましょう。

ポイント制度

ほとんどのクレジットカードに付帯されているのがポイントサービスです。ポイント制度は還元率0.5%のものから2.0%以上のものまであり、一般的に高還元率カードと呼ばれるものは、還元率が1.0%以上のものです。

またポイント制度を重視する人は、還元率も重要ですが、そのポイントをどこで利用できるのかについても考えてみましょう。できれば、自分が普段よく利用する店やサービスで使えるものを選びましょう。

海外旅行傷害保険

クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯されているカードがあります。ゴールドカード以上のランクであれば、ほとんどのカードに付帯されています。

年会費が高額になるほど、補償内容も手厚くなり、一般カードのランクでは、補償額が最高1,000万円~2,000万円のケースが多くみられます。ゴールドカードになると最高5,000万円までといった補償がつくものもあります。海外旅行用によく行く人にとっては必須項目ですね。

空港ラウンジ無料利用や海外旅行サポート

ゴールドカード以上のランクのカードになると、国内外の航空ラウンジが無料で利用できたり、空港までの手荷物宅配サービスが無料になったり、海外のサポートデスクが24時間無料対応してくれるなどの旅行中のサービスが充実してきます。海外旅行や海外出張が多い人は、これらのサービスを中心に検討してみてもいいかもしれません。

 

カードを選ぶ際の注意点

Attention!

以上の4項目を基準にカードを選ぶことをおすすめしますが、まずどの項目が1番重要なのかを自分の中で決めてから選ぶようにしましょう。

どうしても選びきれないという方は、2つのカードを所持して、利用用途によって分けるといった方法も1つの手です。クレジットカードの保有枚数に制限はありません。

また、1枚目のクレジットカードを申し込む人には、ゴールドカードの審査は少し厳しいでしょう。一般カードに比べると付帯サービスも充実しており、利用限度額も高めに設定されるため、より信用性が必要となります。

初めてのクレジットカードの場合は、年収や勤め先などの判断基準はあるものの、クレジットカードの利用実績がないため審査基準の情報が少なくなってしまいます。

ゴールドカードの審査に通りたい方は、一般カードである程度の利用実績を積んで、カード会社に信用してもらいましょう。もちろん、一般カードの利用実績に、支払い延滞などの傷があると審査に響くので注意しましょう。

 

まとめ

ざっくりおさらいしてみましょう。

  • クレジットカードには大きく4つのランクがある。
  • クレジットカード選びは、年会費、ポイント制度、海外旅行傷害保険、ステータス面を考慮して検討する。
  • 複数枚所持して、利用用途によって使い分ける方法もある。
  • 1枚目の申し込みでゴールドカードは審査が厳しいので、一般カードで利用実績を積んでから、ゴールドカードを申し込む。

上記の4点を理解して、最もクレジットカードを使う機会が多いお店と相性の良い(ポイントが貯まりやすい、割引があるなど)クレジットカードを選ぶと良いでしょう。