読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードMeister

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

クレジットカードのランクとは?上位ランクカードを手にするには?

ステータスカード

クレジットカードといえども、年会費が無料のものから30万円を超えるものまで、いろんな種類があります。

その種類は大きく4つのランクに分けられることが多く、もちろんランクごとに年会費や特典、サービス内容が異なります。今回はランクの種類と特徴について解説しましょう。

 

クレジットカードのランクとは?

SAKURAKO Gold Card.

クレジットカードには、ランクがあります。ランクが上がるほど、それを持っている人の数も少なくなり、特典やサービスも手厚くなります。それに伴い、年会費も高くなっていきます。一般的には次のような4つのランクに分けられています。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

一般カード

一番ベーシックなランクなのが、クレジットカード発行会社や提携会社が独自に指定した色やデザインで作られた一般クレジットカードです。年会費は無料から3,000円程度。

発行会社によって様々なサービスを展開しており、ポイント制度が充実しているものや、海外旅行傷害保険があるものやないものなど、サービス内容も多岐にわたります。

ゴールドカード

ゴールドカードは、自分で申込みできるものもあれば、クレジットカード会社からの招待(インビテーション)がないと、申込みさえできないものがあります。年会費は5,000から15,000円程度。

一般カードに比べると、海外の空港ラウンジを無料で利用できたり、海外傷害保険の補償金額が大きくなったりなどのサービスが付加されます。

プラチナカード、ブラックカード

最後に、ゴールドカードよりもさらに高いランクが、プラチナカード、そしてブラックカードです。自分で申し込むのではなくゴールドカードなどの利用実績によってインビテーション(招待)が届いた人だけが持てるカードです。年会費も5万円から30万円を超えるものもあります。

24時間電話受付のコンシェルジュサービスでホテルや旅行を代わりに手配してくれたり、高級ホテル、レストランでの優遇サービスが利用できたりと、とにかくVIPなサービスが充実しています。

 

プラチナカード、ブラックカードの成り立ち

AMEX Black Card

プラチナカードやブラックカードは、アメリカン・エキスプレスが最初に発行しました。まずは、ゴールドカードよりも高いステータスのカードを提供しようと、1984年にプラチナカードを発行しました。日本では、1993年に初めてプラチナカードが発行されます。

1999年には、さらに高いステータスを付与するためにブラックカード(センチュリオンカード)を発行するに至りました。日本では2002年に発行が開始されました。クレジットカードの歴史に比べると、プラチナカードやブラックカードの歴史は浅く、国内での発行枚数もそんなに多くはありません。

 

プラチナカードやブラックカードはどのように入手できるの?

プラチナカードを手に入れたいのであれば、その下位ランクにあたるゴールドカードや一般カードの利用実績を積んで、インビテーションをもらわなければなりません。さらにそのプラチナカードの利用実績を積むと、ブラックカードのインビテーションが届くのです。

この利用実績やインビテーションの基準はカード会社によっても異なり、あまり明白ではありませんが、主に下記3つは基準になると言われています。

  • 年間利用額100万円以上
  • 分割払いやリボ払い、キャッシング利用がない
  • 支払い遅延履歴がない

まず、カード利用の少ない人にインビテーションが届くことはないでしょう。カード会社もしっかりとカードでの支払いを定期的に行っている優良顧客に上位ランクのカードを利用してほしいのは当然です。

そして、その基準が、年間100万円以上とも言われています。また分割払いやリボ払い、支払方法やキャッシング利用、支払いの遅延があると、大きな傷になるケースもあります。これらの実績を一定期間積むことで、カード会社から「利用金額が大きくても支払いをしっかりしている人間は、返済能力があり、信用力の高い人」と判断され、プラチナカードやブラックカードへの招待の検討対象となるのです。

 

まとめ

今回のおさらいです。

  • クレジットカードには大きく4つのランクがある。
  • ランクが上がるごとに年会費は高くなり、その分サービスや特典も手厚くなる。
  • 基本的にプラチナカードやブラックカードはインビテーション制である。
  • インビテーションをもらうためには利用実績を重ね、カード会社からの「評価と信頼」を得なければならない。

年会費は単なるコストではありません。大抵のステータスカードは、年会費以上の特典がふんだんに盛り込まれておりますので、ヘビーユーザーであればあるほど、年会費無料のクレジットカードよりもお得に利用できるのは間違いありません。