クレジットカードマイスター

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

クレジットカード発行会社「イシュア」の役割と実態

クレジットカードは業界問わずいろんな会社が発行していますが、実はクレジットカードを発行できるのは国際ブランドと、その国際ブランドより発行ライセンスを与えられた発行会社(イシュア)だけです。では、その発行会社(イシュア)とは一体何なのか、解説してみましょう。

 

クレジットカード発行会社(イシュア)とは?

Breaks All Kinds of Rules

クレジットカードを会社の事業として発行している会社のことを、「イシュア」と呼びます。代表的な会社を挙げると、三井住友カード、ジャックス、クレディセゾンや楽天カード、イオンクレジットなど、よく聞いたことのある会社名が出てきます。

主な役割としては、自社(他社との提携カードも含む)のクレジットカード会員に対して、

  • 毎月の利用金額の請求
  • 利用者からの問い合わせに対応するサポートセンターの運営
  • 支払い方法変更の受付
  • 利用促進のためのキャンペーンの実施
  • ポイント交換プログラムの提供
  • 利用明細の提示
  • 利用状況や利用可能残高の照会
  • 登録情報の変更受付

などを行います。今はインターネットの利用が当たり前の時代なので、インターネットで会員がログインをして上記の情報を閲覧できるサイトや、スマートフォンアプリを開発・公開して、利用者の利便性向上を図っています。

ちなみに、クレジットカード発行会社を持っていない企業がクレジットカードを発行したい場合、この「イシュア」である会社と提携していくことになります。さらに、上記のようなクレジットカードに関連する業務の運営も任せることになるのです。

 

国際ブランドとイシュア、アクワイアラとの違い

Mastercard

「イシュア」(発行会社)と似たような意味合いで、国際ブランドが使われることがあります。国際ブランドとは、「VISA」や「JCB」といったクレジットカードに記載されているブランドのことです。

国際ブランドは、決済の仕組みやプラットフォーム、つまり、ルール決めをしている機構であり、ブランド自体がクレジットカードを発行していないものもあります。「VISA」や「MasterCard®」は国際ブランド単体のカードである「プロパーカード」を発行しない国際ブランドです。一方、JCBやアメリカン・エクスプレス、ダイナースクラブのように、国際ブランドという機能を持ちながら、クレジットカードを発行しているような国際ブランドも存在します。

「イシュア」(発行会社)は、その国際ブランドから発行ライセンスを付与された会社のことです。独自のサービスを追加したり、企業や店舗と提携をしながら、クレジットカードの発行を行っています。

そして、もうひとつ。「アクワイアラ」と呼ばれる役割があります。「アクワイアラ」は、カード加盟店の開拓や管理などを主に行う会社です。日本では、「イシュア」(発行会社)がアクワイアラ(加盟店契約会社)を兼任している場合が多いのが特徴です。

その代表的な企業が、「三井住友株式会社」です。「三井住友株式会社」は、「三井住友VISAカード」で発行業務も行いつつ、VISAブランド決済システムの日本国内整備業務も行っており、「イシュア」と「アクワイアラ」を兼任している企業なのです。

 

国際ブランドとイシュア、アクワイアラと加盟店との関係

popstencil card

クレジットカードは、店舗やサービスが国際ブランドに加盟すると、その国際ブランドのクレジットカードを利用できる状態、つまり加盟店となります。その代わり、加盟店はクレジットカードでの売上の一定割合を、国際ブランドや「イシュア」(発行会社)、「アクワイアラ」(加盟店契約会社)に支払うことになります。

そして、国際ブランドや「イシュア」(発行会社)、「アクワイアラ」(加盟店契約会社)はこの加盟店手数料を収入源として、サービスの拡充や設備整備を行っていきます。つまり、この加盟店手数料があるがために、クレジットカード利用者は、年会費無料などの様々な特典を享受できているということなのです。

 

リボ払いやキャッシングの利息はすべてイシュアの取り分

money

クレジットカードは、「キャッシング枠」でお金を借りたり、「リボ払い」で支払いを均一化し遅らしたりすることもできます。でもこの際には、必ず利息や手数料がかかりますね。

リボ払いやキャッシングは、クレジットカードを使ってお金を借りるのと同じ意味で、それは「イシュア」(発行会社)からお金を借りる、ということなのです。そのため、リボ払いやキャッシングに対する利息の収入は、すべて「イシュア」(発行会社)の取り分となります。「リボ払い」や「キャッシング」利用に多くのキャンペーンが見受けられるのは、十分に採算のとれるものだからということなんです。

 

まとめ

今回のおさらいです。

  • クレジットカードの決済機構を国際ブランド、カード会員の管理業務をイシュア(発行会社)、加盟店の開拓をアクワイアラ(加盟店契約会社)が行っている。
  • 日本ではイシュア(発行会社)とアクワイアラ(加盟店契約会社)の両方の役割を担う場合が多い。
  • イシュア(発行会社)の収入源は加盟店手数料であるため、利用者に対して年会費無料などのサービス展開ができる。
  • 「キャッシング」利息や「リボ払い」手数料はイシュア(発行会社)の収入となるため、多くのキャンペーンなどを展開している。

クレジットカードの仕組みを学ぶ時に、このイシュアとアクワイアラの違いや関係性がわからずに、こんがらがってしまうケースが多いんですよね。私も最初はどうでした。(笑)

イシュアはカード会員の味方であり、カード会員によって収益を上げている部署。アクワイアラはカードを使える場所を増やし、その提携店舗を増やすことによって決済手数料収益を上げている部署と覚えておけば、クレジットカードのキャンペーンや割引特典から、ちょっと裏側を想像することができるようになると思います。