読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードMeister

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

学生がクレジットカードを持つ?その審査について

審査 学生

クレジットカードの話題になると、必ず質問されるのが審査。学生は、その審査に不安を覚えて、なかなかクレジットカードの申込に踏み出せない人が多いようです。

「審査が不安」といってもクレヒスに自信がないという、大人の事情のようなものではなく(笑)、「審査ってなんぞや?怖いぞなもし」という、未知のものに対する好奇心や恐怖心が入り混じったような感覚に近いみたいですが。

今日は、そんなクレジットカードの学生の審査について、説明したいと思います。

学生だって、クレジットカードが欲しい!

f:id:retador:20161118154349p:plain

学生は、どんなときに「クレジットカードが欲しい」と思うのでしょうか?大学を卒業して結構な時間が経過しているわたしですが、想像してみたところ、使い所は次の4つかなと思いました。

海外旅行を計画している

海外旅行にクレジットカードは必須だと、当然のことのように言われています。なぜなら、海外(特に欧米)では、カード決済がスタンダードだからです。

特に高級店で顕著ですが、誰でも(極端なことを言えば盗んだお金でも)使える「現金決済」は、あまり好まれません。現金よりも、クレジットカードのほうが信頼される文化なのです。

それは、クレジットカードを保有するには、一定の審査を通過する必要がありますから、そのため、ある程度信頼できる人と保証ができる人=カード決済が出来る人なのです。

留学する

海外留学もまた同様です。

留学の場合は、部屋賃貸やレンタカー、公共交通機関の定期購入にクレジットカード決済(もしくは提示)を前提としたものが多くあります。もしクレジットカードがなければ、余計なデポジット(預かり金)が必要になることも。

クレジットカードがあれば、海外のATMで現金を引き出すこともできますし、いざという時の安心感が違います。

ショッピングのキャンペーン

学生がクレジットカードを申し込むきっかけで多いのが、入会キャンペーンに合わせてショッピング割引をするケースです。

マルイやPARCO(パルコ)のキャンペーン期間に申し込んでいる人もよく見かけます。 すぐ使えるポイントや優待クーポンが発行されるので、ある意味、衝動買いのように申し込んでしまうのも共感します。

公共料金の支払い

携帯電話や公共料金の支払いを少しでもお得にするために、クレジットカードを持つ人も少なくありません。支払い忘れも防げますし、支払った分だけポイントやキャッシュバックがあるのでお得ですよね。

 

18歳以上なら、学生でも持てるクレジットカード

クレジットカードの使い込みをしてしまう可能性があることをのぞけば(それも本人が悪いのですが)、クレジットカードは学生にとっても大きなメリットがあります。

しかし、「クレジットカードは大人になってから」という認識を持った学生は多いようです。

クレジットカードの申込規約を確認すればわかるように、「18歳以上(高校生除く)」であれば、ほとんどのクレジットカードに申し込むことが可能です。

未成年は親の承諾書が必要

18歳以上(高校生の除く)20歳未満の未成年者がクレジットカードを作る場合、親の承諾書が必要になります。なぜなら、「未成年者個人が行った契約は、取り消すことができる」という規定があるからです。(民法5条1項と2項)

そのため、クレジットカード会社は、未成年者との契約に「親の承諾」を必須としているのです。

 

学生がクレジットカードの審査で気をつけたい携帯の割賦支払い状況

クレジットカードを申し込むときに、氏名や住所、年収や職業などを申告します。これは、社会人も学生も同じ入力項目が用意されています。下記に主な入力項目を挙げています。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号やメールアドレス
  • 配偶者の有無
  • 勤務先(学生ならばアルバイト収入の有無も選択)
  • 年収(アルバイトの年収を正確に入力)

親の仕送りだけで生活している場合は年収を「0」、アルバイトをしている人は年収(月の平均月収の12ヶ月分)を入力しましょう。

借入について

学生ならば、奨学金¥は果たして借入となるのか気になる人も多いと思います。しかし、奨学金は該当しませんので安心してください。

注意しなければいけないのは、携帯電話の2年割(割賦契約)の支払状況です。

携帯電話の割賦契約とクレジットカードの審査

携帯電話の2年割は割賦販売契約にあたります。割賦販売契約とは、携帯キャリアが本体代金を一括で支払う代わりに、顧客がその本体代金を分割して支払う契約です。つまり、借金に値します。

もし携帯料金の支払いを滞納した場合、信用履歴にブラックな情報として残ります。クレジットカードの審査にも影響しますので、気をつけましょう。

 

出来るだけ確実に審査を通過したいなら、学生専用のクレジットカードがおすすめ

クレジットカードには、学生専用のクレジットカード(以下、学生専用カード)があります。 学生専用カードは、審査基準や優待特典が通常のクレジットカードよりも優遇されています。

学生専用カードの審査基準

学生専用カードは、安定した勤務先や収入、信用履歴(クレジットカードヒストリー、通称クレヒス)がないものを前提として設計されています。

ただし、学生が100%通過するわけではありません。先ほど説明したとおり、携帯電話料金の支払い忘れが過去にあったり、親の信用履歴に問題があったりすると、審査落ちの原因になります。

制限のある利用限度額

審査基準が優遇されている背景の1つに、利用限度額を制限していることが挙げられます。少なくても5万円、最大でも30万円程度になります。 大体ですが、10万円に設定されることが多いので目安にするといいでしょう。

ちなみに、後述する三井住友VISAデビュープラスカードの場合、親の承諾書を提出すれば利用限度額が最大の30万円まで引き上げてくれます。

 

おすすめの学生専用クレジットカード

学生専用カードで有名なのは、次に挙げる2つのクレジットカードです。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 学生専用ライフカード

三井住友VISAデビュープラスカード

有名な三井住友VISAカードが発行する学生専用カードです。そのため、知名度は抜群です。三井住友VISAデビュープラスカードの基本スペックは以下のとおりです。

  • 年会費実質無料(初回無料、2年め以降は1度でも使えば無料)
  • 最高100万円のショッピング補償
  • 電子マネー(iD、WAON、PiTaPa、Visa payWave)を追加可能(追加カード)
  • ワールドプレゼントポイントの還元率が2倍(最初の3ヶ月は5倍)
  • 満26歳以上の更新時に、プライムゴールドカードへ自動ランクアップ

「プライムゴールドへ自動的にランクアップ」しますが、正直それほど魅力的ではありません。その理由は、後ほど説明します。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードは、海外旅行を検討している学生に必携のクレジットカードと言えるでしょう。

  • 海外旅行でのショッピング代金を5%キャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 学生専用相談窓口
  • 初回の海外キャッシングについては30日間無利息
  • 年会費永久無料
  • 誕生日月はポイント還元率5倍

年会費永久無料、誕生日月のポイント還元率5倍は、卒業後も継続されますので、卒業後もお得に使い続けられるクレジットカードです。

学生専用ではないが、エポスカードという選択もおすすめ!

学生専用カードではありませんが、学生に大人気のクレジットカードが、このエポスカードです。

  • 「マルコとマルオの7日間」で10%OFF
  • 年会費永年無料
  • 全国7,000店以上の店舗での優待価格や優待ポイント
  • 海外旅行傷害保険自動付帯

年に4回開催されるマルイのセール期間「マルコとマルオの7日間」には10%OFFに加えて、提携店での買い物やレジャー施設での優待が多数あります。

また、エポスカードは利用実績によって、年会費永年無料のゴールドカードへの招待もあります。三井住友IVSAデビュープラスカードからプライムゴールドを狙うよりは、エポスカードはずっと賢い選択だと言えるでしょう。

ひと目で確認!3券種の比較表

    三井住友VISAデビュープラス学生専用ライフカードエポスカード
基本年会費 実質無料 永年無料 永年無料
限度額 10万円から30万円 5万円から30万円 審査による
特典海外旅行保険 なし 自動付帯 自動付帯
ポイント還元率 0.6%から1.5% 0.5%から1.3% 0.4%から5.0%
その他 電子マネーなどの追加カードあり 海外旅行でのショッピング代金5%キャッシュバック
初回の海外キャッシング30日無利息
「マルコとマルオの7日間」10%OFF
卒業後 (満26歳以降)プライムゴールドカードへ自動ランクアップ 通常のライフカードに切り替わる 変更なし

「ファーストカード(最初に持つクレジットカード)は、一生使う」というジンクス通りならば、エポスカードが最も使いやすいクレジットカードになると思います。

なぜなら、エポスカードは利用実績次第で、年会費永年無料のゴールドカードへのランクアップが望めるからです。そういう意味でも、最初はエポスカードから実績を積み上げていくのが良いでしょう。

 

まとめ

初めてクレジットカードに申し込む学生だからこそ、よく分からない審査に不安を覚えるのだろうと思います。しかし、そんなに大したことはありません。普通に生活していれば、ほぼ問題なくクレジットカードを作れるでしょう。