読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードMeister

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

三菱ufjのクレジットカードを作ろうか迷った学生におすすめするのは三菱東京UFJ-VISAデビットだ!

デビットカード

学生が初めてクレジットカードを作る際は、銀行が発行しているクレジットカードを作ることが多いといわれています。
日常生活の中で頻繁に利用する施設であること、安心感があることなどが大きな理由でしょう。

そこで今回は、銀行が発行するクレジットカードの中でも特に、三菱東京UFJ銀行で学生が発行できるクレジットカードに関して説明していきます。

 

学生が銀行でクレジットカードを作りたいと考えた時に

まず、学生が銀行でクレジットカードを作ろうと考えた時に、どこの銀行でクレジットカードを作ろうと思うでしょうか。

自分自身が利用している銀行を選ぶ

最も多いのは、自分自身が口座を所有しているなど、普段から利用している銀行が発行しているカードを選ぶというケースでしょう。

普段から取引きがある分、クレジットカードの申し込みも安心して行いやすいといえます。

大手銀行を選ぶ

安心感という意味では、全国に支店があるような大手銀行が発行しているクレジットカードも同様です。

「自分自身が利用している銀行」もしくは「誰でも名前を知っているような大手銀行」、このどちらかが発行しているクレジットカードを選ぶというケースが大半です。

 

3大メガバンクとして利用者が多いのが……

大手銀行の中でも、特に利用者が多いのがいわゆる「3大メガバンク」です。

 

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
3大メガバンクの一角を占めるのが、三菱東京UFJ銀行です。

三菱UFJフィナンシャル・グループの中核企業であり、全国で店舗展開を行っていますが、特に関西・東海地方で強い勢力を持っています。

 

三井住友銀行

三井住友銀行
同様に、3大メガバンクのうちの1行なのが、三井住友銀行です。

三井住友フィナンシャル・グループの中核企業であり、コーポレートカラーは若草色となっています。

みずほ銀行

みずほ銀行(はじめての方)
3大メガバンク最後の1行が、みずほ銀行です。

みずほフィナンシャル・グループの中核企業であり、3大メガバンクの中では最も規模が小さい銀行となっています。

 

その中の三菱東京UFJ銀行で学生でも作れるカード

では、この3大メガバンクのうち、特に三菱東京UFJ銀行で、学生でも作れるカードにはどのようなカードがあるのでしょうか。

スタンダードな「三菱東京UFJ-VISA」

f:id:retador:20170117110539j:plain

最もオーソドックスなのが「三菱東京UFJ-VISA」です。

年会費無料で発行することができ、ショッピングでの累計利用金額に応じて、翌年度のポイント付与が優遇されたり、貯まったポイントが口座に直接キャッシュバックされたりと、非常に使い勝手のいいカードといえます。

新規入会キャンペーンを行っている場合もあるので、入会を検討している際には、キャンペーンの有無も確認しておくといいでしょう。

近鉄グループのKIPS「三菱東京UFJ-VISA」

f:id:retador:20170117112232j:plain

三菱東京UFJ-VISAのメリットはそのままに、近鉄グループが提供するお得なサービスを利用できるのが、KIPS「三菱東京UFJ-VISA」です。

ショッピングやレストランで利用することで、近鉄グループの共通ポイントである「KIPSポイント」を貯めることが可能です。
貯まったKIPSポイントは、「1ポイント=1円」として利用することができます。

TOKYU POINT PASMO「三菱東京UFJ-VISA」

f:id:retador:20170117112240j:plain

クレジットカード機能に加え、キャッシュカード機能・PASMO機能・TOKYU POINTサービス機能が付いているのが、TOKYU POINT PASMO「三菱東京UFJ-VISA」です。

クレジットカード機能とキャッシュカード機能・PASMO機能が1枚にまとまっているため、財布やカード入れの中をスッキリ保つことができます。

Suica「三菱東京UFJ-VISA」

f:id:retador:20170117112236j:plain

TOKYU POINT PASMO「三菱東京UFJ-VISA」同様に、クレジットカード機能・キャッシュカード機能がまとまっている上にSuica機能が付いているのが、Suica「三菱東京UFJ-VISA」です。

SuicaもPASMOも同じような使い方が可能なため、普段自分がどちらをよく利用するかで、発行するカードを選ぶといいでしょう。

 

定番の「三菱東京UFJ-VISA」は学生にメリットはある?

いろいろな付帯サービスが魅力の「三菱東京UFJ-VISA」シリーズですが、学生が所有することを考えると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

年会費が無料

年会費が無料であるということは、発行するクレジットカードを検討する際に、大きなアピールポイントの1つです。
ましてやそれが学生ならなおのことでしょう。ランニングコストはなるべく低く抑えたいもの。

「条件付き年会費無料」や「実質的に年会費無料」ではなく、純粋に年会費が無料なので、安心して所有することが可能です。

いくつかの条件をクリアするとATMの利用手数料が無料になる

また、コストという点では「ATMの利用手数料」というのも重要なポイントです。
ATMの利用手数料は、1回1回は少額かもしれませんが、何回もの繰り返しだと馬鹿にならない金額になります。

三菱東京UFJ-VISAは、「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」を利用した上で、三菱東京UFJダイレクトの契約を行い、三菱東京UFJ-VISAカードの利用代金引き落としがあれば、ATM利用手数料の優遇を受けることが可能になります。
三菱UFJ銀行のATMであれば何度でも無料、提携先のコンビニATMであれば、1ヶ月に3回まで無料です。

そこまで難しい条件が設定されているわけではないので、三菱東京UFJ-VISAを利用する場合には条件をクリアして、ぜひ手数料無料でATMを利用したいですね。

 

では、「三菱東京UFJ-VISA」のマイナスポイントは?

このようにメリットが数多くある三菱東京UFJ-VISAですが、マイナスポイントとしてはどのようなことが考えられるでしょうか。

満20歳以下は申し込みができない

まず学生にとって気になるのは、申し込み条件が「満20歳以上」ということでしょう。

浪人などをせずに4年制大学に入学した場合、在学期間のうち半分弱はカードを所有できない計算になってしまいます。
進学先が短大や専門学校だった場合は、在学期間のほとんどでカードを所有できない可能性もあります。

早めにカードを所有して、ショッピングなどでお得にポイントを貯めたい場合には、これは大きなネックになります。

使いすぎてしまうこともあるクレジットカード……

他に考えられることとしては、クレジットカードを利用しすぎて支払いができなくなってしまう可能性があるということです。
これは何も三菱東京UFJ-VISAに限らず、クレジットカードすべてに共通する問題です。

特に初めてクレジットカードを所有した学生にとって、クレジットカードで何でも買えてしまう感覚というのは、時に危険なものになります。
身の丈に合わないカード利用を繰り返して、最終的にブラックリスト入り・・・なんてことになってしまったら目も当てられません。

しかし、実はそんな懸念を抱くことなく利用できるカードがあるんです。

それは、三菱東京UFJ-VISAデビットです。

 

15歳から23歳までは年会費無料!三菱東京UFJ-VISAデビット

f:id:retador:20170117112247j:plain

三菱東京UFJ-VISAデビットは、15歳以上(中学生を除く)であれば申し込みが可能だということです。
ですから、大学に入学してすぐにカードを発行することも可能ですし、高校在学中に作成することもできます。

また、三菱東京UFJ-VISAデビットにかかる年会費(通常1,000円+税)に関しても15歳から23歳までの間は無条件で無料になります。

24歳以降でも年間10万円以上の利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。
年間10万円ということは、ひと月あたり1万円弱の利用でいいので、学生を卒業して社会人になった後でも、実質年会費無料のような形で使い続けることが可能でしょう。

普通預金口座と直結してるから、利用時には自分の口座から支払いできる

そして、三菱東京UFJ-VISAデビットは「普通預金口座と直結している」という特徴を持っています。
利用した金額が口座から即時に引き落とされるので、口座に貯めてある金額以上のお金を使用してしまう、ということは絶対にありません。

クレジットカードと同じような感覚で利用しながらも、使いすぎの危険はないというのが三菱東京UFJ-VISAデビットの最も大きなメリットです。

利用履歴と口座履歴が確認できる専用アプリで、所持金が分かりやすい

 

利用上限が口座の残高ということは、お店で使おうと思った時に口座残高が足りずに決済できない、といった事態を引き起こしてしまう可能性があります。
しかし、専用アプリを利用することで、スマホで簡単に口座の残高を確認することできるため、そのような心配も無くなります。

同じアプリで三菱東京UFJ-VISAデビットの利用履歴も確認できるので、「今月使いすぎかも?」というようなことが一目でわかるようになっています。

 

充実した三菱東京UFJ-VISAデビットの保険

また、三菱東京UFJ-VISAデビットには充実した保険が付帯しているのも、見逃せないポイントです。

本カードを利用して購入した品物の破損・盗難に対する保険、カードの不正利用に対する補償も

三菱東京UFJ-VISAデビットを利用して購入した品物の破損・盗難等の損害に関しては、購入日より60日間は補償対象となります。
ただし、年間で補償される金額は100万円が限度となっています。

また、カードの紛失や偽造等により第三者に不正に利用された場合でも、紛失・盗難に関する連絡を三菱東京UFJ銀行が受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生したカード利用による損害を補償してもらうことができます。

こちらも、年間で補償される金額は100万円が限度となっています。
もちろん、これらの補償は利用しないことに越したことはありませんが、万が一の場合でもしっかりした補償があると思うと、安心して利用できますね。

 

お金を大事に使いたいなら三菱東京UFJ-VISAデビットは優秀

以上、三菱東京UFJ銀行で学生が発行できるクレジットカードに関する解説でした。

三菱東京UFJ銀行では、基本となる三菱東京UFJ-VISAをはじめとして、色々な種類のクレジットカードを発行することが可能です。
しかし、クレジットカードを持つのが初めてだという学生に対して、まずおすすめしたいのは三菱東京UFJ-VISAデビットです。

今後社会に出た時には、クレジットカードを複数枚持つこともあるでしょう。
その際に、羽目を外した使い方をしないためにも、学生のうちから三菱東京UFJ-VISAデビットを利用することで、お金の大事な使い方を学んでおくのもいいのではないでしょうか。