クレジットカードマイスター

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

どうしてもすぐにクレジットカードが作りたい!そんな学生におすすめのクレジットカード

大学生にもなると、「クレジットカードが欲しい!」と思うときありますよね。

本分である学業の教科書や参考書は必要でしょうし、付き合いの飲み会やサークルの合宿もあります。それに、いつデートのチャンスが訪れるか分かりません。

そんなとき、お金がないから」と、断るのは辛いものです

もちろん、ただ「お金がない」だけであれば、親や友達などに頼るという方法もありますが、合宿が海外だった場合には、お金だけではなく「クレジットカードでなければ困る」なんてこともあります。  


でも、クレジットカードなんて、簡単に作れるの?


そもそも、そんな急にクレジットカードなんて作れないでしょ?


実は、学生でも即日発行できるクレジットカードがあるのです!

   

急にクレジットカードが必要になることもある?

Credit Card

学生がクレジットカードを必要とする瞬間というのは、どんなときでしょうか?


冒頭で言及したケース以外にも、「事前に手続きする時間もないほどすぐにクレジットカードが欲しい」という場面は生活の中で多々あるのではないでしょうか。

そんな場面をいくつか挙げてみます。    

インターネットショッピングですぐに使いたい!

日常生活の中で「クレジットカードがないと困る」というのは、インターネットショッピングで多くみられます。

特に日本人を主要な顧客としていない海外ブランドのサイトなどでは、クレジットカードでの支払いしか対応していないことも多いです。

もちろん、日本のサイトならコンビニ決済や銀行振込にも対応していることがほとんどです。しかし、プレミアチケットの予約などで一刻を争うときには、クレジットカードでなければ困ってしまいます。    

海外旅行に行くぞ! でも、クレジットカードを持っていなかった……

海外旅行の計画を友達や恋人と練ることはとても楽しいものです。

どんなところに行って、どんなことをするのか、どんなものを食べるのか、など想像するだけでわくわくします。

しかし、海外旅行で持っていかなければならないものの中でも重要な「クレジットカード」は、意外と忘れられていることが多いのです。

出発ぎりぎりになってから「持っていない」ことに気付いたら、さすがに慌ててしまうでしょう。

すでに持っていても、実は自分の持っているクレジットカードの国際ブランドが渡航先であまり使えないものだと分かることもあります。    

高級ブランドでプレゼントを! でも、現金を持ち歩くのは不安

彼女の誕生日に宝石や高級ブランド品を購入するとしたら、クレジットカードでの支払いか現金での支払いになりますよね。

海外に比べればそれほど危なくないとはいえ、日本でもひったくりや強盗などは毎日のように発生しているので、多くの現金を持ち歩く行為には不安が付きまといます

そのため、「ひったくりに遭ってしまったら?」などと考えると、大金を持って買い物に出かけるというのは、なかなか思い切れません。

そんなとき、クレジットカードがあれば安心です。もし盗難に遭っても、カード会社に電話して止めてもらうだけで被害を最小限に抑えられます。

なにより、そういった高級店に彼女を連れて行って買い物するとなれば、クレジットカードで決済する方がスマートですよね。    

クレジットカード発行までの流れを押さえておこう

すぐにカードを作らなければいけないわけではありませんが、前述したような「必要になるとき」がいつ来るのかは、誰にも分かりません。

そんな「いざというとき」のためにも、クレジットカードの発行方法について、事前に理解しておきましょう

なお、現在ではほとんどすべてのカード会社がウェブサイトから申し込めるようになっており、かつ、そこから手続きするのが一番手軽です。

そのため、ここではウェブサイトからの申込を説明していきます。(他に、電話で申込書を郵送してもらう方法や、店頭で手続きする方法もありますが割愛します)    

事前準備

クレジットカードを申し込むにあたっては、必ずいくつかの情報を入力する必要があります。

それらの情報を事前に調べておくことで、手続きがスムーズに進みますので、最低限、以下の情報は準備しておきましょう。  


  • 学校名と学年
  • 卒業(予定)年月
  • 年収(アルバイトでよい。していなければ0円)
  • 実家の住所
  • 実家の電話番号
  • 引き落とし用の銀行口座の口座情報
  • 家族カードやETCカードなどの追加カードの要不要
  • 必要な国際ブランドの種類(JCBやVISA、MasterCardなど)
  • 他社からの借入額(あれば、正直に)



これだけの情報を準備しておけば、申込中につまってしまうことはそうそうありません。    

一般的な発行の流れ

まずは、ごく普通のクレジットカードの申込からカード発行の流れです。

この流れが基本になりますので、しっかりと理解してください。 かかる時間も併記しておくので、参考にしてください。  

  1. ウェブサイトからの申込 / すぐできる

ウェブサイトから「申込」を選択し、学校名や引き落とし口座などの必要事項を記入します。このとき、前述で事前に確認しておいたことが役に立ちます。  

  1. 書類の記入と提出 / 1週間~2週間

入力した内容が印刷されたファイルを出力、印刷します。その申込書に押印(引き落とし口座の届出印での押印が必要)し、本人確認書類を同封して投函します。  

  1. 審査 / 1週間程度

ウェブサイトへの入力内容と、本人の金融機関の使用履歴(クレジットヒストリー)から審査が行われます。なお、この時点で申込確認や在籍確認の電話がある場合がほとんどです。(電話の先は保護者もしくはアルバイト先、本人のいずれかです)  

  1. カードが届く

審査で問題なければ、登録した住所にクレジットカードが届きますので、その日から利用可能です。

送られてくるカードは「書留郵便」で届きますので、必ず自分で受け取る必要があります。


なお、この時点ではまだ暗証番号が届いていないかもしれません。その場合は別の封書で届きますので、しばらく待ちましょう(多くの場合は、クレジットカードの前に暗証番号の封書が届きます)。

一般的な方法では2週間から3週間かかる計算になるでしょう。 そのため、時間のあるときに行わなければいけません。ただし、この方法の場合はクレジットカードの選択肢が幅広い点が魅力です。      

スピード発行とは

次に、少し早めの方法です。この方法以降は、実際に欲しいクレジットカードが対応しているかどうかの確認が必要です。前述と同様に説明しましょう。  

  1. ウェブサイトからの申込 / すぐできる

一般的な流れとほぼ同じですが、本人確認書類の写真をメールなどで送付する必要があります。また、ここで本人確認書類を送付しない場合は、クレジットカード受取時に本人確認を行うため、どの書類で本人確認を行うかを指定することになります。  

  1. 引き落とし口座設定 / すぐできる

インターネットで引き落とし口座を設定します。ただし、対応している金融機関が決まっていますので、カード会社のウェブサイトで確認が必要です。(大手都市銀行やゆうちょ銀行などが対応しているので、ほとんどの人は問題ないでしょう)  

  1. 審査 / 即日から3営業日程度

ウェブサイトへの入力内容と、本人の金融機関の使用履歴から、審査が行われます。なお、この時点で申込確認や在籍確認の電話がある場合がほとんどです。  

  1. 審査結果の通知 / 2営業日から3営業日程度

メールで審査の結果が届きます。カード会社によっては、ウェブサイトから審査状況や結果を照会することもできます。  

  1. カードが届く

登録した住所にクレジットカードが届きますので、その日から利用可能です。

なお、カードは「書留郵便」で届きますので、必ず自分で受け取る必要があります。

この手順では一般的な手順と違って書類のやり取りがないため、比較的短期間でクレジットカードを入手できます。

最短では3営業日程度から、1週間程度でクレジットカードが入手できます。ただし、あくまでも営業日ですので、休日や祝祭日などがあるとその分時間がかかりますので、気を付けましょう。    

即日発行とは

最も早くもらえるクレジットカードは、「即日」にその場で発行してもらえます。

スピード発行よりもさらに対象のカードが少なくなってしまいますが、このスピードは代えがたいでしょう。   手順は以下のようになっています。  

  1. ウェブサイトからの「申込」

今までと入力内容に違いはありません。ただし、カードの受け取り方を店頭受取にする必要があります。また、本人確認に使用する書類(運転免許証など)を選択しておきます。  

  1. 審査

ウェブサイトへの入力内容と、本人の金融機関の使用履歴から、審査が行われます。なお、この時点で申込確認や在籍確認の電話がある場合があります。  

  1. 審査結果の通知

メールで審査の結果が届きます。  

  1. 店頭でカードを受け取る

店頭に行き、審査結果のメールを提示してカードを受け取ります。

このときに、本人確認書類で本人確認を行い、銀行のキャッシュカードで引き落とし口座の設定も行います。

この場合は、当日中にクレジットカードを受け取ることができます。ただし、カードを受け取る店舗やカウンターの営業時間が限られていますので、時間に注意しなければいけません。また、休日などは混雑するため、店舗で待たされる可能性があるでしょう。    

学生が「即日発行」で手に入れられるクレジットカードはこれ!

f:id:retador:20170125125228p:plain

申込方法を一通り確認したところで、実際に学生でも即日発行してもらえるクレジットカードを3券種、紹介しましょう。

 

アコムACマスターカード …… 消費者金融のアコムが展開しているクレジットカードです。
f:id:retador:20170125141532j:plain

PARCOカード ………………… パルコが展開するクレジットカードです。
f:id:retador:20160310171032j:plain

エポスカード …………………… マルイデパートが展開するクレジットカードです。
f:id:retador:20160310171024j:plain

それぞれについて、特徴をまとめました。

  アコムACマスターカード PARCOカード エポスカード
年会費 永年無料 永年無料 永年無料
限度額 10万円から300万円 30万円から150万円 最低10万円
ポイント還元率 ポイントなし 0.5% 0.5%
海外旅行傷害保険 付帯なし 付帯なし 自動付帯
申込資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方(アルバイトも可) 満18歳以上 (高校生を除く) 満18歳以上 (高校生を除く)
その他 キャッシングの限度額は最高800万円 発行後1年は、パルコ内の店舗でのショッピングが5%OFF 「永久不滅ポイント」は期限なしのポイント マルイのセール期間は10%OFF 初回利用日の翌日からキャッシング30日間無利息

  この中から、自分に適したものを選んでおけば、いざというときに新ためて探す必要はありませんよね。    

まとめ

普段の収入が多くない学生だからこそ、いざというときに対応できる方法(クレジットカードの入手方法)を知っているかどうかで安心感が違うのではないでしょうか。

ここで紹介した3券種は、「即日発行」可能なクレジットカードとして有名なものです。

ただし、有名だから機能が優れているわけではないというのは、表を見ていただければ分かるでしょう。

有名な3券種も、表で比べてみれば一目瞭然です。 還元率が高くて有利なポイントプログラムや、海外旅行傷害保険の自動付帯などのサービスがあり、学生に人気のあるマルイでの割引特典もあるエポスカードは、この中ではダントツにおすすめといえます。

急に作らなければならなくなったら、ぜひこの表を思い出してください。そうすれば、慌てて失敗することはありません。 年会費は無料なので、有事の際のために作っておいても損はないでしょう。