読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードMeister

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

Amazon Master Cardの評判は?今なら5000ポイントもらえて、Amazon用のサブカードとしては損なし!

提携カード

先月、Amazonがアメリカで「還元率5%」のクレジットカードを発行するというニュースが、ちょっとした騒ぎになりました。

gigazine.net

 

Amazonのヘビーユーザーにとっては、たまらないサービス内容ですよね。

早くこのカードが日本にもやってきて欲しいものです。

 

しかし、Amazonのカードはこれだけじゃないんです。

このカードよりも前に、日本でも使えるクレジットカードを発行しているって知ってましたか?

 

それが、この

f:id:retador:20170207162421j:plain

Amazon Mastercard クラシックです。

還元率5%と比べると、少々地味ではありますが、

このカード、意外と使えるんです。

 

Amazon MasterCard クラシックの良いところ

一度の使用で年会費無料

Amazon MasterCard クラシックは初年度年会費無料で、年に一度でもカードを利用すれば、翌年の年会費1250円も無料になります。

このカードを作る人で、年に一度もAmazonを使わないという人はいないと思います。
Amazonの支払いをこのカードにすれば、実質年会費無料ですね。

 

Amazon利用で1.5%還元、プライム会員なら2%還元

Amazonでの買い物なら、カード支払い金額の1.5%がAmazonポイントとして加算されます。プライム会員なら2%になります。

Amazon以外での買い物なら基本的に1%還元です。

 

今なら入会ボーナスで5000ポイントもらえる

何よりのいいところがこれです。
いま入会すれば、Amazonポイントが5000ポイント(5000円分)もらえます。

Amazonでこれからも使っていくなら、年会費はかかりませんし、タダで5000ポイントもらえるのはいいですね。

楽天カードだと、ボーナス8000ポイントとかやってるますが、楽天ポイントよりAmazonポイントのほうが使えるという人も結構いるのでは。

 

Amazon MasterCard クラシックの微妙なところ

還元率はぶっちゃけ普通

プライム会員でAmazon利用の2%還元はいいんですが、他の買い物で1%は微妙ですね。

還元率としては悪くないんですが、高還元率を売りにしているカードと比べると、いささか地味です。

 

傷害保険やETCなどの付帯サービスは弱い

ショッピングの補償サービスは付いてますが、旅行傷害保険などは一切付いていません。

また、ETC機能を付けるのにも年会費540円がかかります(初年度・一度でも利用した翌年は無料)

 

Amazon MasterCard クラシックの使い方のおすすめ

Amazon支払い用のサブカードにする

Amazon MasterCard クラシックは、メインとして使うには、還元率・付帯サービスともに少し弱いです。

しかし、入会時のボーナスポイントや、プライム会員時の還元率は悪くないので、
Amazonをよく利用する人が、Amazonの支払い用のサブカードとして作るのはおすすめです。

 

デザイン重視で使う

Amazonのダンボールを模したオリジナルのおしゃれなデザインなので、クレジットカードのデザインを重視している人にもいいかもしれません。

使っている人も、そこまで多くなさそうなので、あんまり人と被りたくない人にもいいですね。
楽天カードとかだと、結構友人と被りますから。

 

還元率5%の新しいカードが日本に上陸するまでの繋ぎとして

もし、冒頭で紹介したカードが日本でも発行されたら、多くの人がそちらに流れるでしょう。

しかし、まだ発行されているのはアメリカだけで、日本に来る予定は発表されていません。

ならばAmazon MasterCardクラシックを、それまでの繋ぎとして使うのはどうでしょうか。

このカードを熱望するほどのヘビーユーザーなら、Amazon MasterCard クラシックのサービスも悪くないはずです。

 

Amazon MasterCardクラシックの申し込みはこちら

www.amazon.co.jp