読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードMeister

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

6大国際ブランドとは?違いは決済プラットフォームとしての大きさです。

国際ブランド

前回は国際ブランドとクレジットカード会社の違いについて説明しましたが、今回はその国際ブランドの種類や選び方についてまとめたいと思います。

 

6大国際ブランド

Plastic

つい最近までは5大国際ブランドと言われていましたが、中国の銀聯(UnionPay)の台頭もあり、現在は6つのブランドがそれぞれ多くのユーザーを抱えています。

6大国際ブランドをあらためて羅列すると、※()内は本社所在地

  • VISA(アメリカ)
  • MasterCard®(アメリカ)
  • JCB(日本)
  • American Express(アメリカ)
  • Diners Club(アメリカ)
  • 銀聯(中国)

6大ブランドといっても、3カ国(特にアメリカに集中)だけで大きな影響力があるのがお分かりになると思います。

それでは、それぞれの国際ブランドについて、その特徴を簡潔にまとめてみたいと思います。

 

世界シェアNo.1のVISA

VISAの株主でもあり、VISAから直接ライセンスの供与を受けている三井住友VISAカードは皆さんもご存じでしょう。

VISAは世界No.1でのシェア(60%)を誇る国際ブランドです。世界200か国以上の国と地域で利用できますので、VISAブランドは最低でも1枚は持っておくべき存在です。

 

ヨーロッパで強いMasterCard®

30%弱のシェアを占めるのが、世界2位の国際ブランド、MasterCard®です。こちらもVISAと同じくアメリカの企業ですが、VISAと異なるのは古くからヨーロッパで強化を図ってきたブランドということです。

そのため、ヨーロッパの国と地域では比較的使いやすい国際ブランドになります。 

 

近年台頭してきた銀聯(UnionPay)

一気に3位まで駆け抜けたのがこの銀聯ブランドです。デビットカードも含めた利用額では、世界1位とも言われておりますので、チャイニーズパワーを感じます。

最近には訪日中国人も増えたこともあって、銀聯ブランドが使えるお店も増えてきましたよね。先日、私もあるお店に取材に行ってお話しを伺ってきましたので、それは後日アップしたいと思います。

 

ステータスの代名詞といえばAmerican Express

ステータスカードの代名詞ともいえるAmerican Express、通称アメックスです。カード券面に描かれたセンチュリオンが有名ですので、憧れのクレジットカードとも言われています。バフェットが投資している企業としても有名かもしれませんね。

ステータスカードならではのサービスやサポートが充実しており、特に海外を飛び回る人にとってはオススメです。しかし、利用出来る加盟店数が少ないのがネックですので、付帯サービスを受けるためのセカンドカードとして利用される方も多いのかもしれません。

最近は他の国際ブランドに圧される形で、セゾンと一緒に実質年会費無料のアメックスカード発行したりと、会員数獲得のためにステータス性が薄らいでいる気がします。

 

日本発の国際ブランドJCB

国際ブランドの中に日本の企業があることは嬉しいことですね。(諸説ありますが、日本に国際ブランドを作ろうとしたのはアメリカの動きがあったと聞いていますが……)

JCBブランドはアジア圏で強いと言われていますが、実際はそうではありません。利用出来るのは日本と一部の国と地域(特に日本向けのお土産店や百貨店)という表現が一番近いかもしれません。

しかし、日本でもその地位が少し揺らいでいます。VISAやMasterCardと比べて加盟店手数料が高いため、インターネットショップや実店舗でJCBが使えないところもよく目にするようになりました。

ディズニーとコラボしたりと頑張ってはおりますが、今後に不安を感じます。

 

クレジットカードの生みの親Diners Club

最後に紹介するのは、このブランドのおかげで今のクレジットカードがあるといっても過言ではありません。アメックスと並ぶステータスブランドのDiners Clubです。

Diners Clubが生まれたきっかけは、下記の体験に基づくようです。

「創業者が食事に出かけた時、財布を忘れて支払いが出来なかった。支払い能力があるのに恥ずかしい体験をした。彼は、友人の弁護士とともに、現金を持たなくても支払いが出来る制度を考え出した」という体験が創業の動機ルイス・マンデル著 アメリカクレジット産業の歴史の前書きより

紆余曲折あって、日本では三井住友信託銀行傘下の三井住友トラストクラブ株式会社がダイナースクラブの事業を行っています。

 

NILSON REPORTの国際ブランドの決済流通シェア(2013年版)

少し古いですが、NILSON REPORTが公表している国際ブランド別のデータをご覧ください。

f:id:retador:20160210171905j:plain
引用:Market Shares of Purchase Transactions Worldwide 2013 by THE NILSON REPORT

VISAが圧倒的だということが分かったと思います。

また、会員数も一緒に見れればもっと面白いのですが、アメックスはJCBと会員数にあまり差はないのですが、決済流通シェアでいくと水をあけられています。これはステータスカードならではなのですが、1人当たりの利用額がJCBよりもアメックスユーザーが多いためです。

このように、なんとなくで国際ブランドは選ばずに、背景やデータを見て選ぶことをオススメしたいと思います。

 

 

6つの国際ブランドについて簡単に説明しましたが、それぞれ特色が微妙に違うことがお分かりいただけましたでしょうか?

次で国際ブランドに関する説明の最後となり、国際ブランドの選び方についてまとめたいと思います。