学生のためのクレジットカードマイスター

クレジットカードについて学生向けに知識や情報を伝えるサイトにしていきたいです。

学生でもゴールドのクレジットカードは持てるのか?ゴールドカードの必要性について

f:id:retador:20180111171854j:plain

クレジットカードをサッと取り出してスマートに決済するのって格好いいですよね。それがゴールドカードだったなら、そしてそれを使っている本人が学生という身分だったら、どんなに格好良く映ることか……。

ただわたし個人の意見としては、学生がゴールドカードを持つことに対して非常に懐疑的な立場を取っています。なぜなら、学生がゴールドカードを持つメリットが全く見当たらないからです。

今回はその理由を述べていきたいと思います。

他サイトで紹介されているゴールドカードは学生におすすめできるものなのか

学生 ゴールドカード」の検索結果に表示されているサイトでは、基本的に学生におすすめできるゴールドカードはどれなのか、というテーマで書かれています。

特に、以下の3枚が学生におすすめのゴールドカードとしてよく紹介されているのを見かけます。

  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • MUFGカード ゴールド
  • JCB CARD EXTAGE

しかし、どのサイトも「ゴールドカードの年会費の安さと作りやすさ」を挙げているばかりで、ゴールドカードを持つことが主眼となった内容ばかりで、手段と目的がごっちゃになっている印象を受けます。

「ゴールドカードを持つこと」そのものよりも、学生のみなさんがどの目的を果たすためにゴールドカードという手段にたどり着いたのか、の方が重要だと考えます。

 

学生である皆さんは、

なぜ、この記事に辿り着いたのでしょうか?

なぜ、「ゴールドカード 学生」と調べてみたのでしょうか?

私に実際の理由を知る術はありませんが、その理由・背景には次の目的があったからではないかと考えます。

 

学生がゴールドカードを持とうと思う6つのきっかけ

クレジットカードについてあまり詳しくない学生の皆さんは、次に挙げられるようなきっかけでゴールドカードについて調べる人が多いと思います。

  1. 海外旅行するため海外旅行傷害保険を手厚くしたい、もしくは付帯させたい
  2. 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  3. ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
  4. 限度額を増やしたい
  5. カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
  6. 目立ちたい
    ※その他に理由があればコメント欄にて教えてください

しかし、ちょっと落ち着いて考えてみましょう。これらの理由であるならば、わざわざゴールドカードにする必要はありません。むしろ、年会費無料のクレジットカードでも実現できるものがいくつもあります。

それぞれ説明してみたいと思います。

海外旅行するため海外旅行傷害保険を手厚くしたい、もしくは付帯させたい

夏休みや春休みに海外旅行に行ったり、卒業旅行に行ったり、短期留学に行ったりと海外渡航を検討する学生は多いと思います。そんなみなさんには、どうしても海外旅行傷害保険が必要となるのも分かります。

だからといってゴールドカードにしようというのは短絡的です。

というのも、年会費無料でありながら最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードがあるからです。

  • エポスカード:自動付帯
  • 学生専用ライフカード:自動付帯
  • VIASOカード:利用付帯
  • 楽天カード:利用付帯

さらに、この海外旅行傷害保険は合算できるのはご存知でしたか?

例えばエポスカードと学生専用ライフカード、2枚のクレジットカードを持っていたとすると補償内容はこうなります。
※傷害死亡・後遺障害は最高額のみ適用

補償項目 エポスカード ライフカード 合算額
傷害死亡・後遺障害 500万円 2,000万円 2,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円 400万円
疾病治療費用 270万円 200万円 470万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円 4,000万円
救援者費用 200万円 200万円 400万円
携行品損害 20万円 20万円 40万円

 

さらに楽天カードも持てば、追加費用を払うことなく補償内容をどんどん手厚くする事が可能なのです。(傷害死亡・後遺障害は除く)

ゴールドカードでなくとも、海外旅行傷害保険が無料付帯するクレジットカードを見つけることはできますし、補償内容も手厚くすることは簡単にできてしまいます。

海外旅行傷害保険のためだけに、ゴールドカードを選ぶ必要はないのです。

国内旅行傷害保険を付帯させたい

国内旅行傷害保険に至っては、なかなか年会費無料のクレジットカードで賄うことが難しいです。

ただし、学生限定で年会費無料で国内旅行傷害保険を付帯させる方法が1つあります。

それはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードです。

通常年会費が3,000円(税抜)で、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険のそれぞれに最大3,000万円補償が付帯されているカードですが、26歳になるまで年会費無料で利用することができる特典がついています。

年会費無料のクレジットカードに加えて、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードも持っておくと、海外旅行傷害保険が手厚くなるうえに国内旅行傷害保険も付帯させられるという、学生限定コンボが可能になります。

ポイント還元率など各種特典を手厚くしたい

ゴールドカードにしたからといって優遇されるのは、ポイント還元率が1%アップするぐらいのものです。

年会費分の元が取れるのであれば良いですが、年会費の元を取るために出費が増えてしまっては本末転倒です。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードなら入会後3ヶ月は5倍、通常ポイントも2倍になりますし、オリコカード THE POINTも入会6ヶ月は2倍になる特典があり、楽天カードは楽天市場利用が常に4倍以上というポイント優待がすでにあります。

しかもそのいずれのクレジットカードも年会費無料で使えるのです。

お得さを求めるためにゴールドカードを欲しているならば、まずは年会費無料のクレジットカードを使いこなすことからはじめたほうが良いでしょう。

限度額を増やしたい

確かにゴールドカードになると利用限度額の上限は増えます。しかし、利用限度額というものはあくまでも個人の信用審査に基づくものです。

安定した収入のない学生がゴールドカードを持ったからといって、飛躍的に限度額は上がりません。

年会費無料のクレジットカードで地道に利用実績を積んでいけば150万円くらいまでは増えますので、200万円以上必要なときになってからでも遅くはないでしょう。

カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい

これに関しては、個人の感性によりますので正直わかりません。(困)

私から言えるのは、年会費無料でもおしゃれな券面デザインはありますし、オリコカード THE POINTなんかはシンプルで良いと思います。

オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINT

目立ちたい

SNSのレスポンスのために大金を払う人もいるぐらいですから、「学生がゴールドカード持ったら目立つじゃん!悪い?」と言い切れるなら、どうぞゴールドカードにしてください(笑) 

ただ、賢くゴールドカードを持ちたいなら、エポスカードで年間50万円、イオンカードで年間100万円使えば、ずっと年会費無料で使えるゴールドカードのインビテーション(招待状)が届きますので覚えておきましょう。

 

ゴールドカードは必要ない!学生におすすめする年会費無料のクレジットカード

改めて、ゴールドカードについて考えている学生に皆さんに考えてもらいたいのは、以下に挙げる項目を優先しない限りはゴールドカードにする必要がないということを知ってもらいたいです。

  • 傷害死亡・後遺障害に最大5,000万円以上の補償額をつけたい
  • コンシェルジュサービスを利用したい
  • 空港ラウンジを利用したい
  • レストラン優待、ホテル優待、旅館優待を利用したい

使ってみたいサービスかもしれませんが、そんなに必要性を感じていない人がほとんどではないでしょうか?大人になってもそんなに利用する人はすくないはずなので、学生ならなおさらですね。

そこで、ここでは先に挙げたクレジットカードも含めて、年会費無料のものに限って紹介したいと思います。

学生人気No1!三井住友VISAデビュープラスカード

新規入会でもれなく
最大7,000円分キャッシュバック!

f:id:retador:20161205184404j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 前年度1回以上利用で無料(※)
国際ブランド VISA 利用可能枠 10~30万円
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム ワールドポイント(1,000円=2ポイント) ポイント優待 入会後3ヵ月間は1,000円=5ポイント
ショッピング補償 年間100万円まで 一体型電子マネー iD、Apple Pay対応
マッチする目的
 ☓ 海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
 △ 限度額を増やしたい
 △ カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
 △ 目立ちたい

※通常年会費は1,250円+税

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳以下限定の学生専用クレジットカードです。

ポイントが常に2倍になる上に、入会後3ヶ月は5倍になりますので、お得さを重視したい学生にとって最もおすすめできるクレジットカードの1枚です。

1つデメリットを挙げるとすれば海外旅行傷害保険が付帯されておりませんので、あくまでも普段利用しているショッピングをお得にしたい学生向けのクレジットカードといえるでしょう。

出費の多い2月〜5月の春休みの時期、7月〜9月の夏休みの時期、12月の年末時期に入会して利用するのをおすすめします。

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みはこちら

万能型の楽天カード

新規入会&利用でもれなく
もらえる楽天ポイント!

f:id:retador:20160310171041j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム 楽天ポイント(100円=1ポイント) ポイント優待 楽天市場利用で100円=4ポイント
ショッピング補償 楽天市場の未着商品は金額補償 一体型電子マネー 楽天Edy、Apple Pay対応
マッチする目的

  海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
 △ 限度額を増やしたい
 △ カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
 △ 目立ちたい

楽天市場の学割も併用してお得になる楽天カードは、ポイント還元率の高さだけではなく、海外旅行傷害保険も付帯された万能型のクレジットカードです。

楽天市場だけではなく楽天ブックスや楽天トラベルでもお得にポイントを貯めることができますので、楽天サービスを良く利用する学生におすすめです。

楽天カードの申し込みはこちら

全国10,000店舗以上でお得になるエポスカード

持ってて、よかった。エポスカード。
新規入会キャンペーン開催中!

f:id:retador:20160310171024j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム エポスポイント(200円=1ポイント) ポイント優待 リボ払いで200円=2ポイント
ショッピング補償 年間50万円まで(年間保険料1,000円) 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
  限度額を増やしたい
  カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
  目立ちたい

百貨店のマルイでおなじみのエポスカードは、関東圏の学生が初めて持つクレジットカードとして口コミも多いのが特徴です。しかも年間50万円以上利用すれば、ずっと年会費無料で使えるゴールドカードへの招待状も届きます。

年会費無料で海外旅行傷害特典もあり、カラオケやテーマパーク、居酒屋などの割引も豊富というまさに学生の懐事情を良くわかっているクレジットカードだと言えます。

また70種類以上のデザインから選ぶことができるため(別途500円の発行料あり)、周りとは違う券面のクレジットカードを持つことも可能です。

カラオケチェーンだとシダックス、カラオケ館、ビッグエコーなど大手はすべておさえてあり、入店時にエポスカードを見せるだけでルーム料金が30%OFFになりますので持つだけでも十分お得になりますよね。 

エポスカードの申し込みはこちら

ポイント還元率が高いJCB CARD W

常にポイント2倍で
年会費無料のクレジットカード

f:id:retador:20171113170308j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム Oki Dokiボーナスポイント ポイント優待 JCB ORIGINAL SERIESパートナー店で優待
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
 △ 限度額を増やしたい
  カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
  目立ちたい

JCB CARD Wは2017年10月24日にリリースされたばかりのクレジットカードなので、まだ周りで持っている人が多くないことを考えると少しは目立てるかも(!?)しれません。

ただ注目すべきはポイント還元率です。

JCB CARD Wは年会費無料に加えてポイントが常に2倍(まさにW)になったことにより、Amazonでポイント還元率も常に2.0%になったり、スタバもお得に利用できたり、ディズニーリゾートとも相性が良かったりと学生向きの特典多数のクレジットカードです。

JCB CARD Wの申し込みはこちら

女子学生の好感度が高いオリコカード THE POINT

入会6ヶ月はポイント2倍
ポイント特化のオリコカード

f:id:retador:20180110200752j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド マスターカード、VISA、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム オリコポイント(100円=1ポイント) ポイント優待 入会後6ヵ月間は100円=2ポイント
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー iD、QUICPay、Apple Pay対応
マッチする目的
 ☓ 海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
 △ 限度額を増やしたい
  カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
  目立ちたい

知り合いの大学生数名に格好いい券面デザインのクレジットカードはどれか聞いたといころ、最も多い回答だったのがオリコカード THE POINTです。

入会6ヶ月間はポイント還元率が2.0%(100円=2ポイント=2円分)となり、オリコモール利用のボーナスポイント0.5%も付帯されておりますので、入会半年間はオリコオール経由でAmazonを利用することで還元率が3.0%になります。

他にも、オリコカード THE POINTは楽天市場などでも同様に高還元を発揮するので、ネット通販ならばオリコカード THE POINTがおすすめです。

オリコカード THE POINTの申し込みはこちら

MUFGカードゴールドよりもVIASOカード

マスターカードブランド限定
最大10,000円相当プレゼント!

f:id:retador:20180110131005j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド マスターカード 利用可能枠 10~100万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム オートキャッシュバック(1,000円=5ポイント) ポイント優待 VIASOeショップで最大10%ボーナス
ショッピング補償 年間100万円まで 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
  限度額を増やしたい
 △ カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
 △ 目立ちたい

大手の三菱UFJニコスが発行する年会費無料のクレジットカードなので、両親も安心できるクレジットカードだと思います。

VIASOカードは、VIASOeショップを経由してAmazonや楽天市場といったネットショッピングをお得に利用することに特化したクレジットカードです。

楽天市場やYahoo!ショッピングは2.5%、Amazonは2.0%、JTBやじゃらんで4.5%など、300店舗以上のネットショッピングで高い還元率でポイントを貯めることできるので非常にお得です。

VIASOカードの申し込みはこちら

海外旅行のためのサブカードに学生専用ライフカード

海外旅行を考えている学生に!
海外利用は5%のキャッシュバック

f:id:retador:20160310171026j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 5万円~30万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント(1,000円=1ポイント) ポイント優待 誕生月は1,000円=3ポイント
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  海外旅行傷害保険を手厚くしたい
 ☓ 国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
 △ 限度額を増やしたい
 △ カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
 △ 目立ちたい

学生専用ライフカードは、学校在学中の期間のみ、自動付帯の海外旅行傷害保険や海外ショッピングの5%キャッシュバック、専用のお問い合せ相談窓口など、特別な優待サービスが用意され、それらを年会費無料で利用することができるクレジットカードです。

学校卒業後は、海外旅行傷害保険も海外利用の5%キャッシュバックもなくなりますので、在学中専用のクレジットカードとして割り切って使いましょう。

そういう意味では、海外旅行傷害保険を合算するためのサブカードとして、他券種と合わせて申し込んでおくのがおすすめです。

学生専用ライフカードの申し込みはこちら

26歳まで年会費無料で使えるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

新規入会&利用で
最大4,000円相当の永久不滅ポイント

f:id:retador:20170903175808j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 26歳まで無料
国際ブランド American Express 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 国内旅行傷害保険 最高3,000万円
ポイントプログラム 永久不滅ポイント(1,000円=1ポイント) ポイント優待 海外利用で1,000円=2ポイント
ショッピング補償 最高100万円まで 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  海外旅行傷害保険を手厚くしたい
  国内旅行傷害保険を付帯させたい
  ポイント還元率他、各種特典を手厚くしたい
  限度額を増やしたい
  カッコイイ券面のクレジットカードが欲しい
  目立ちたい

※通常年会費は3,000円+税

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が本来3,000円+税かかるクレジットカードですが、初年度無料で26歳までは年会費無料で利用できるという学生のために存在しているといっても過言ではありません。

ただし、国際ブランドがアメックスのみであるため、利用できる店舗数に若干心配が残りますので、学生専用ライフカードと同じようにサブカードとして持っておくのがよいでしょう。 

他にも、海外利用ならポイント2倍になったり、ギリギリ間に合う即日発行に対応していたり、アメックス特有の贅沢な特典もたくさんありますので、年会費無料のうちに使い倒してみるのも良いでしょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

 

学生がゴールドカードをどうしても必要とした場合とそのプロセス

学生の皆さんでも、今後ゴールドカードを必要とするシーンはが訪れるかもしれません。ゴールドカードを作ることそれ自体は難しくはありませんが、とはいえゴールドカードを持つための方法は限られます。

そこで、自身でゴールドカードに申し込むよりも簡単に持てる方法がeつありますので、まずはそれから試してみてはいかがでしょうか?

1. 親のゴールドカードの家族カードを持つ

最も簡単なのが、親が持つゴールドカードの家族カードを追加発行してもらうことです。これならば「親がゴールドカードを持っている」もしくは「親にゴールドカードに入会してもらう」という条件で、格安(もしくは親負担で)ゴールドカードを持つことができます。

ただし、あくまでも家族カードですので旅行傷害保険の内容が若干劣るということと、利用明細が親にモロバレしてしまうというデメリットは覚えておきましょう。

2.エポスカードで年間50万円利用し、年会費無料のゴールドカードの招待を得る

次に簡単なのが、既に紹介しましたがエポスカードで年間50万円利用して、ずっと年会費無料で使えるゴールドカードのインビテーションを得る方法です。

普通は年会費5,000円のゴールドカードでも、しっかり利用実績を積み上げることでずっと年会費無料で使えるゴールドカードに変身するなら、かなりお得だと思いませんか?

ちなみにイオンカードでもこのインビテーション制度はあるのですが、年間100万円とエポスカードよりもハードルが高いため、難易度で考えるとエポスカードが最も楽な方法だと思います。

3.学生専用カードからの自動切り替え

学生専用のクレジットカードのなかには、一定の年齢に達すると自動的にゴールドカードへ切り替わるものがあります。

その代表格が三井住友VISAデビュープラスカードから三井住友VISAプライムゴールドカードの切り替えです。

もちろん審査はありますが、学生専用カードの頃の実績が考慮されますので、通常の審査に比べれば問題なること少ないでしょう。

ただ切り替えまで時間がかかるうえに、エポスカードのような年会費無料特典はありませんので、あまりおすすめの方法ではありません。

せっかく時間をかけてクレジットカードの利用実績を作るならば、切り替えのタイミングで他のゴールドカードも含めて検討するのをおすすめしたいと思います。

 

いつか憧れのゴールドカードを

学生のみなさんにとっては「ゴールドカードのステータス性って何の役に立つの?笑」と思われると思いますが、やはりゴールドカードのメリットと言えばその高いステータス性が挙げられます。
※しかし昨今のクレジットカード業界では、年会費無料なのにゴールドカード級のサービス特典があったり、めちゃくちゃ格安のゴールドカードが登場したりと、もともとあったゴールドカードの地位もよく分からないことになっています。(苦笑)

ゴールドカードを持つということは、社会的信用が高いことを表すバロメーターでもあります。その価値がいまいちピンとこない学生のうちは安易にゴールドカードに手を出すのではなく、年会費無料のクレジットカードでひたすらお得に利用できる方法を探っていくほうがよいでしょう。