学生のためのクレジットカードマイスター

クレジットカードについて学生向けに知識や情報を伝えるサイトにしていきたいです。

学生におすすめのクレジットカード11選!学生向けは三井住友VISAデビュープラスカードだけではなかった!

f:id:retador:20171209014449j:plain

高校を卒業し、専門学校や大学に進学すると、行動範囲が広がり、その分出費も増えていきます。

学生の皆さんは教材や交通費、サークルや遊びに行くのにかかるお金、中には一人暮らしの生活費も自分でやりくりしている人もいるでしょう。

つまり限られたお金を、いかに有効に使うかが学生にとっての大きな課題となるわけです。

この課題を解決する方法として、アルバイト量を増やしたり、一人暮らしの節約術を身につけることが考えられます。そのうちの1つの手段として、クレジットカードがあります。

クレジットカードを上手に使いこなせば、貯まるポイントで普段の出費を節約できたり支払いを遅らせたり海外旅行先でも保険適用になったりと、単純な支払い以外にも様々なメリットがあります。

ただし、クレジットカードへの理解が十分でないと、「どのクレジットカードを選べばいいのかわからない」あるいは「せっかく発行したのに結局一度も使わなった」という事態にもなりかねません。もしかすると、下記のような経験をした学生さんもいるのではないでしょうか。

  • 銀行口座を開設するときに案内されるがままに入会したけど、全然使えない
  • キャンペーンがお得だったので入会したが、リボ払いに気付かず多額の手数料を払うことに
  • クレジットカードを作ったが、結局ほとんど使わないまま解約してしまった

そこで、この記事ではクレジットカードマイスターのわたし(自己紹介はこちら)が、クレジットカードの選び方学生におすすめのクレジットカードについてまとめて紹介したいと思います。

学生の皆さんがよりよいクレジットカードライフを送れるよう、役に立つような情報をまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年を先取り!学生におすすめのクレジットカード11枚!

おすすめのクレジットカードというと、人気順位といったランキング形式で紹介するサイトも多いと思います。しかしクレジットカード選びに絶対に正しい正解はありません。使う人間次第で選ぶべきクレジットカードは変わるためです。

多くのサイトでおすすめされている「三井住友VISAデビュープラスカード」がぴったりな人もいれば、別のクレジットカードがぴったりな人もいるでしょう。

そのため大切なのは「クレジットカードを利用する目的がなにか?」です。

 

たとえば、学生がクレジットカードを使う理由で多いのは次の5つだったりします。

  1. とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  2. 公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  3. 普段のショッピングをお得にしたい
  4. ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  5. 海外旅行にクレジットカードが必要

このようにクレジットカードを使う目的によって、同じクレジットカードでもある人にとっては便利なものになりますし、またある人にとってはあまり使いみちのないものになってしまうのです。

これからおすすめする11枚の学生向けクレジットカードは、先程の5つの目的に当てはまるものを選びました。そのため「どのクレジットカードならあなたの目的に見合うのか」という視点でじっくり見てみてくださいね。

以前にクレジットカードのメリットを10個まとめていますので、他のメリットについても知りたい方は後程お読みください。

 

学生なら年会費無料&ポイント最大5倍!三井住友VISAデビュープラスカード

新規入会でもれなく
最大7,000円分キャッシュバック!

f:id:retador:20161205184404j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 前年度1回以上利用で無料(※)
国際ブランド VISA 利用可能枠 10~30万円
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム ワールドポイント(1,000円=2ポイント) ポイント優待 入会後3ヵ月間は1,000円=5ポイント
ショッピング補償 年間100万円まで 一体型電子マネー iD、Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
 △ 普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
 × 海外旅行にクレジットカードが必要

※通常年会費は1,250円+税

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みはこちら

 

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友カードのなかでもとりわけポイントが貯まりやすい、25歳以下限定のクレジットカードです。

 

通常の年会費こそ1,250円(税抜)となりますが、前年度1回以上(10円でも100円の商品でも可)の利用で無料になりますので、実質年会費無料のクレジットカードです。

 

三井住友VISAデビュープラスカードが学生にぴったりの理由

三井住友VISAデビュープラスカードが学生におすすめなのは、25歳以下の学生専用クレジットカードで学生向けの基準で審査が厳しくなく、利用限度額も10万円〜と使いすぎを制御できる仕組みが取り入れられているからです。

その他にも

  • ポイントが常に2倍(通常は1,000円=1ポイント)
  • 入会後3ヵ月はポイントが5倍 
  • 最短3営業日発行
  • 満26歳以降最初のカード更新時にプライムゴールドカードに自動ランクアップ!

が挙げられます。

特に入会後3ヵ月間のポイント付与が5倍は非常にお得なので、出費の多い2月〜5月の春休みの時期、7月〜9月の夏休みの時期、12月の年末時期に入会して利用するのをおすすめします。

 

また満26歳以降最初のカード更新時には三井住友VISAプライムゴールドカードに自動切換えできます。こちらは20代限定のゴールドカードですが、ゴールドカードを確実に手に入れることができるクレジットカードは、日本でこのカードくらいなものです。

 

三井住友VISAプライムゴールドカードは通常1万円程度の年会費がかかるゴールドカードの中において、通常年会費が5,000円(税抜)となっており、非常にリーズナブルとなっています。もちろん、国内の主な空港ラウンジを無料で利用できるなど、性能はほかのゴールドカードにも引けを取りません。三井住友VISAプライムゴールドは、30歳以降の最初のカード更新時に、自動的に三井住友VISAゴールドカードに更新されます。憧れの三井住友のステータスカードを持てるのは魅力的ですよね。

たとえゴールドカードでも年会費を払いたくないという人は、プライムゴールドではなく「三井住友VISAクラシックカード」に切り替えることもできます。三井住友のクレジットカードはこうした柔軟性が大きな魅力ですね。

 

三井住友VISAデビュープラスカードは旅行傷害保険が付帯していないのが唯一の弱みです。旅行傷害保険がほしい場合には別のクレジットカードを申し込むか、以下に紹介する別の三井住友ブランドカードに申し込むとよいでしょう。

 

こちらは高還元率ポイントやゴールドカードへの自動切換えといった特典はありません。しかし在学中に無料の旅行傷害保険付きのクレジットカードがほしいという学生さんであればこちらでも十分です。

 

cardinfo.hatenablog.com

 

三井住友VISAクラシックカード(学生)

f:id:retador:20170513141408j:plain

  • 在学中は年会費無料
  • ポイントは1,000円=1ポイント
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ライフ&スポーツ賠償付自転車保険(卒業予定年の3月末まで)

 

三井住友VISAアミティエカード(学生)

f:id:retador:20170513141401j:plain

  • 女子学生向け
  • 在学中は年会費無料
  • 最高2,500万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ライフ&スポーツ賠償付自転車保険(卒業予定年の3月末まで)
  • ケータイ代の支払いでポイント2倍

三井住友VISAクラシックカード(学生)と三井住友VISAアミティエカード(学生)はmastercardブランドの発行も可能なので、海外旅行にはこの2枚を、普段のショッピングには三井住友VISAデビュープラスカードを、と使い分けるのも良いでしょう。

 

三井住友VISAカード(学生)の申し込みはこちら

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みはこちら

 

18歳から39歳までの人限定で申し込み可!年会費無料でポイントいつでも2倍のJCB CARD W

常にポイント2倍で
年会費無料のクレジットカード

f:id:retador:20171113170308j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム Oki Dokiボーナスポイント ポイント優待 JCB ORIGINAL SERIESパートナー店で優待
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

JCB CARD Wの申し込みはこちら

JCB CARD Wは2017年10月24日よりJCBオリジナルシリーズに追加された新カードです。その特徴は入会資格が18歳以上39歳以下という大胆なくくりで、加えて年会費無料とポイントが常時2倍という優れた性能を誇っています。一度手に入れれば解約しない限りずっと年会費無料でもてるのはうれしいですよね。

 

このカードは学生でも申し込みすることができ、また年会費も無料なので非常に持ちやすいカードとなっています。また提携店であるJCB ORIGINAL SERIESパートナー店にはAmazon、スターバックス、イトーヨーカドー、セブンイレブンといった名だたるお店がそろっていますので、こちらをよく利用するという学生さんにもJCB CARD Wはおすすめです。

JCB CARD Wが学生にぴったりの理由

  • 解約しなければ年会費がずっと無料で持てる
  • ポイントがいつでも2倍
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯
  • ショッピング保険が最高100万円まで付帯(海外のみ)

 

JCBオリジナルシリーズには今まで年会費無料で学生が持ちやすいクレジットカードがあまりありませんでした。「JCB CARD EXTAGE」という10代・20代限定のカードはありましたが、こちら更新前の解約には手数料が発生してしまうなど少しネックな部分もありました。「JCB CARD W」はそうした懸念をすべて吹き飛ばしてしまうほどの高スペックカードですので、とてもおすすめです。

JCB CARD WはWEBからしか申し込めないので詳細は下の公式リンクから調べてみてくださいね。

JCB CARD Wの申し込みはこちら

全国10,000店舗以上の優待特典があるエポスカード

持ってて、よかった。エポスカード。
新規入会キャンペーン開催中!

f:id:retador:20160310171024j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム エポスポイント(200円=1ポイント) ポイント優待 リボ払いで200円=2ポイント
ショッピング補償 年間50万円まで(年間保険料1,000円) 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

エポスカードの申し込みはこちら

 

関東圏の学生にとってはおなじみのデパート「マルイ」が発行するクレジットカードがエポスカードです。年会費は永久に無料で即日発行にも対応しているなど、マルイユーザーでなくても十分魅力的な性能を誇っています。年会費を一切かけずに特典だけ受けたいという人にはうってつけであり、まさに学生のためのクレジットカードといえます。

 

エポスカードが学生にぴったりの理由

  • 「マルコとマルオの7日間」で10%オフ
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • カラオケチェーン店のルーム料金が30%オフ
  • レンタカー、遊園地、美容院などの優待特典も多数!
  • 免許通学、免許合宿の優待特典、特別支払いの提供も

エポスカードは全国10,000店舗以上と提携しているため、その優待の豊富さが魅力です。たとえば学生向けでいえば、レストランカラオケ・シダックス、ビックエコー、カラオケ館では入店時にエポスカードを見せるだけでルーム料金が30%OFFになります。

 

ほかにも富士急ハイランドやロイヤルホストでも会計時にエポスカードを見せるだけで割引となります。クレジットカード支払いは使いたくないが、持っているだけで特典を受けたいという方には、エポスカードはおすすめです。もちろんエポスカードで支払いをすることで、ポイントがたまるなどよりお得になりますよ。このような特典が全国10,000店舗以上で受けられるので、学生さんはきっとお得に使いこなせるはずです。

 

またエポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯しています。これは年会費無料のクレジットカードとしてはありえないほどのスペックといえます。多くの年会費無料クレジットカードは、海外旅行傷害保険が付帯していても利用付帯であることがほとんどです。

利用付帯とは、海外に出国するまえに航空券などの支払いをそのクレジットカードで支払うことで、初めて保険が適用させるというものです。しかしエポスカードは自動付帯であるため、このような条件は一切なく、持っているだけで海外で保険が適用されるのです。補償内容は次のような内訳です。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

海外旅行傷害保険最高〇〇円補償!」という宣伝文句は、このような内訳金額の最高額を指して言うことが多いです。しかし見るべきはその内訳です。
通常このような保険はもっとも高額となりがちななのは傷害死亡・後遺障害です。こちらは事故により死亡・障害が残ってしまったときの保険ですが、実はそこまで保険が適用される頻度は多くありません。もっとも多く使われるのは、海外でケガをして現地の病院で治療を受けるときに発生する疾病治療費用であり、エポスカードはこれが270万円とかなり高額な点が魅力です。

 参考までにほかの三井住友VISAカードと比較した表も載せておきます。

クレジットカード名 年会費 疾病治療費用
三井住友VISAクラシックカード 通常1,250円(税抜) 50万円
三井住友VISAエグゼクティブカード 通常3,000円(税抜) 100万円
エポスカード 永年無料 270万円
三井住友VISAゴールドカード 10,000円(税抜) 300万円

エポスカードの疾病治療費用の補償額がどれだけ破格であるのかよくわかりますね。海外では日本と違って高額な医療費が発生する恐れがあるので、こうした保険はとても貴重です。


またエポスカードは即日発行にも対応しているので(最短で申込日当日にエポスカードを受け取って利用できる)、海外に行くので急きょクレジットカード欲しい!という方にもおすすめです。世界シェアNo.1の国際ブランドVISAであり、海外旅行傷害保険が自動付帯、さらに海外キャッシングが初回利用なら最大30日間は金利0円で利用できます。

 

しかも、しかも、年間50万円以上(月41,667円以上)の利用実績を積むと、本来年会費が5,000円かかるエポスゴールドカードを永久無料で使えるインビテーションが届くという特典まで用意されています。年会費永年無料でもてるゴールドカードはこちらのエポスカードとイオンゴールドカードくらいです。

f:id:retador:20171107192608p:plain

 

エポスカードはポイント還元率という意味では0.5%とそこまで高くありません。しかし上記のようなメリットが盛りだくさんなのでさほど気になりませんし、エポスゴールドカードになればボーナスポイントや「選べるポイントアップショップ」でポイントが3倍になるなど実質的な還元率を押し上げることもできます。もちろんゴールドカードとしてスペックも軒並みレベルアップしているので、エポスカードを使いつつ、ゴールドカードのインビテーションを狙いたいものです。 

 

エポスカードの申し込みはこちら

 

とにかくポイントがよく貯まる!楽天カード

新規入会&利用でもれなく
もらえる楽天ポイント!

f:id:retador:20160310171041j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム 楽天ポイント(100円=1ポイント) ポイント優待 楽天市場利用で100円=4ポイント
ショッピング補償 楽天市場の未着商品は金額補償 一体型電子マネー 楽天Edy、Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

楽天カードの申し込みはこちら

 

楽天カードは今や業界最大手になりつつあるクレジットカードです。

楽天グループ(楽天市場や楽天トラベル)の利用で貯まるポイントの多さは国内最高クラスです。年会費は永久無料で3営業日で発行されます。

youtu.be

「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天トラベル」「ENEOS」をよく利用するという学生さんであれば、楽天カードは絶対に持っておきたいクレジットカードです
ちなみに、後述しますが楽天カードは現役学生のなかで最も保有率が高いクレジットカードでもあります(独自アンケート調査の結果)。それだけ学生の皆さんにとって、うれしい特典が盛りだくさんということなのかもしれません。

楽天カードが学生にぴったりの理由

  • 楽天市場利用でポイント還元率が4〜8%(SPU)
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円利用付帯
  • 街の店舗でもポイント最大2倍
  • ENEOSでの支払いでポイントがいつでも2倍!

楽天カードは通常は100円につき1ポイントの付与率(=「還元率1.0%」)ですが、楽天市場で使うと通常4倍〜最大8倍、外出先のお店の利用でも最大2倍貯まり、ポイントの貯まりやすさは国内最強クラスです。そのため楽天市場で楽天カードを使えば還元率が最低でも4.0%になるなど、楽天提携サービスでの利用で圧倒的な力を発揮します。

貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループで1ポイント1円として利用できますし、マイルや他のポイントへの移行も可能です。

楽天の通常ポイントの有効期限は「最後にポイントを獲得した月を含めた1年間」なので、1年に1回ポイントが加算されれば実質無期限に延長できます。一方で期間限定ポイントは対象外となるため、期間限定ポイントをうまく利用しつつ、どんどんポイントをためていきたいですね。
参考までに楽天スーパーポイントアップ(SPU)プログラムのポイント加算の条件を表にまとめてみました。

ポイント加算の条件 獲得ポイント倍率
1. 楽天市場通常利用ポイント 1倍(通常ポイント)(※1)
2. 楽天カード利用通常ポイント 1倍(通常ポイント)
3. 楽天カード利用特典ポイント(※2) 2倍(期間限定ポイント)
⇒(よって「楽天カード」による「楽天市場」利用は「1倍」+「1倍」+「2倍」=「4倍」となる)
4. 楽天市場アプリから当月1回以上買い物 1倍(期間限定ポイント)
5. 楽天モバイル利用 1倍(通常ポイント)(※3)
6. 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード 1倍(期間限定ポイント)
7. 楽天ブックスで当月1回1,000円(税込)以上買い物(※4) 1倍(期間限定ポイント)

(※1)通常ポイント1倍は「100円利用につき1ポイントもらえる」という意味です。

(※2)こちらはSPU!(スーパーポイントアップ)プログラムのキャンペーンによるポイント付与。この特典は2017年12月時点での情報になります。また期間限定ポイントは通常ポイントとは有効期限が異なります。

(※3)ただし楽天モバイルデータSIMの買い物はポイント付与の特典対象外となります。

(※4)たとえば12月10日に楽天ブックスで1,000(税込)円以上の買い物をした場合、12月10日から月末までポイントが1倍になります。ただし楽天ブックスの電子書籍(楽天kobo)、ダウンロード版(楽天ダウンロード)の購入は条件の対象外となります。

楽天サービス以外では、ENEOSでの支払いで楽天カードを使うとポイントが2倍になるのでおすすめです。ENEOSは国内最大手のガソリンスタンド会社なので利用頻度も高いでしょうし、車やバイクの給油でポイントが2倍なのはとてもお買い得です。このように楽天のポイントが貯まる提携店舗が多数あるので、外での買い物でも楽天カードはおすすめです。

 

また学生さんであれば、15~25歳の学生を対象とした「楽天学割」や「楽天カードアカデミー」といった学生専用クレジットカードもおすすめできます。楽天学割は楽天ブックスでの本やDVD購入でポイント10倍、さらに、全品送料無料になるなど、学生にはうれしい優待が受けられます。楽天カードアカデミーは楽天ブックスでポイント5倍、楽天トラベルでポイント3倍など、学生向けに特化したサービスが充実しています。楽天学割と楽天カードを合わせて使うことで、使い勝手をさらによくすることができますよ。

 

また最近は楽天ポイントカードがクレジットカードに一体化されたり、電子マネー楽天Edyで日々の支払いがスムーズになったり、アプリの楽天Payなどポイント活用の利便性が増すなど、楽天カードはより便利になっています。楽天ユーザーであれば、日々の出費の削減にも役立つので、ぜひこれらのサービスも活用したいですね。

f:id:retador:20171107190135j:plain

高還元率の楽天カードですが、楽天サービスをあまり使わない学生さんだとメリットは薄れてしまうかもしれません。しかし楽天市場をはじめとする楽天サービスは楽天学割や、就活を控えている学生さんであれば「みん就」など、おすすめのサービスがそろっています。この機会に楽天サービスを利用してみてはいかがでしょうか。楽天カードのすごさもよくわかると思いますよ。

 

楽天カードの申し込みはこちら

 

海外旅行を考えているなら学生専用ライフカード

海外旅行を考えている学生に!
海外利用は5%のキャッシュバック

f:id:retador:20160310171026j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 5万円~30万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント(1,000円=1ポイント) ポイント優待 誕生月は1,000円=3ポイント
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
 △ 普段のショッピングをお得にしたい
 △ ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

学生専用ライフカードの申し込みはこちら

 

学生専用ライフカードは、その名の通りライフカードが発行する学生専用のクレジットカードです。

学校在学中の期間のみ、自動付帯の海外旅行傷害保険や海外ショッピングの5%キャッシュバック、専用のお問い合せ相談窓口など、特別な優待サービスが用意され、それらを年会費無料で利用することができるクレジットカードです。

 

学校卒業後も引き続き年会費無料で使えますが、ライフカードに切り替わると海外旅行傷害保険も付帯されなくなりますし、海外利用の5%キャッシュバックもなくなりますので、クレジットカードとしてのスペックは非常に悪くなります。そのため在学中専用のクレジットカードとして、割り切って使いこなしたいですね。

 

学生専用ライフカードが学生にぴったりの理由

  • 学生専用の問い合わせ電話窓口(フリーコール)が用意
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外利用額の5%キャッシュバック
  • 携帯電話利用料金の支払いに学生専用ライフカードを設定すると、毎月抽選でAmazonギフト券500円分プレゼント
  • 誕生月はポイント3倍

あくまでも学生の間だけ充実しているクレジットカードがですので、卒業と同時に他のクレジットカードに切り替えるか、はじめからサブ専用のクレジットカードとして学生専用ライフカードに申し込むのをおすすめします。

なお海外旅行傷害保険は補償額を合算できますので、普段から活躍しそうなエポスカードや楽天カードと一緒に申し込むと保険も手厚くなりますのでおすすめです。

学生専用ライフカードの申し込みはこちら

 

26歳までなら年会費無料で持てるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

新規入会&利用で
最大4,000円相当の永久不滅ポイント

f:id:retador:20170903175808j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 26歳まで無料
国際ブランド American Express 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 国内旅行傷害保険 最高3,000万円
ポイントプログラム 永久不滅ポイント(1,000円=1ポイント) ポイント優待 海外利用で1,000円=2ポイント
ショッピング補償 最高100万円まで 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
 △ 普段のショッピングをお得にしたい
 △ ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

※通常年会費は3,000円+税

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が本来3,000円+税かかるクレジットカードなのですが、初年度無料かつ26歳になるまでは年会費無料で利用できるうえに、最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がそれぞれ付帯されていることから、海外旅行や短期留学を考えている学生に人気が集まっています。

 

国際ブランドがアメックスのみであるため、利用できる店舗数に若干心配が残りますので、学生専用ライフカードと同じようにエポスカードや楽天カードのサブカードとして検討するのが良いでしょう。(個人的には学生専用ライフカードよりもセゾンブルー推しです)

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードが学生にぴったりの理由

  • 26歳になるまで年会費無料
  • 海外利用ならポイント2倍
  • 海外利用額の5%キャッシュバック
  • 渡航日当日でもギリギリ間に合う最短即日発行対応
  • アメックスブランドの優待サービスも盛りだくさん

アメックスブランドがあることで、付帯保険の他に海外アシスタンスデスクや手荷物無料宅配サービス、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスの割引優待、アメリカン・エキスプレス・セレクトも利用することができます。

 

学生にとっては少し贅沢な特典もたくさんありますので、年会費無料のうちに使い倒してみるのも良いですね。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

 

パルコの買いものがずーっとお得に!PARCOカード

新規発行で1年間
ずーっと5%オフに!

f:id:retador:20160310171032j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム 永久不滅ポイント(1,000円=1ポイント) ポイント優待 なし
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
 × 海外旅行にクレジットカードが必要

PARCOカードの申し込みはこちら

 

パルコが好きな学生には、PARCOカードがおすすめです。

年会費は無料ですし、即日発行に対応しているためパルコのセール当日からでもお得に利用することができます。

 

PARCOカードが学生にぴったりの理由

  • 入会後1年間はPARCOでのショッピングがずっと5%オフ
  • 年間利用額が10万円以上で翌年もずっと5%オフ
  • 書籍、CD、レストランも5%オフ
  • 年会費3,000円+税のアメックスブランドにすれば海外/国内旅行傷害保険が付帯

ショッピングを利用するクレジットカードカードは、入会した1年間はずっと5%オフでPARCOを利用することができます。

PARCO内の書店で参考書を購入したり筆記用具を購入したりすれば、洋服などのショッピングも合わせて年間10万円はあっという間だと思います。

洋服以外にもショッピングをPARCOに集約すれば、PARCOカードの5%オフを延々と利用することができますね。

今ならPARCOカードに入会すると、全国のパルコで使える優待券500円分をもれなくもらえますのでおすすめです。

PARCOカードの申し込みはこちら

 

大好きな無印良品でお得に使えるMUJIカード

新規入会&1年保有で
最大2,500MUJIショッピングポイント!

f:id:retador:20160310171029j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム 永久不滅ポイント(1,000円=1ポイント)
MUJIマイル(1円=1ポイント)
ポイント優待 無印良品の利用で1,000円=3ポイント
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
 × 海外旅行にクレジットカードが必要

MUJIカードの申し込みはこちら

 

学生から社会人まで、幅広い層に好かれているのが無印良品。

学生も文房具や日用雑貨、ファッション、食品、家電まで無印良品で揃えるという人も少なくないでしょう。

そんなMUJIカードも年会費無料で使えて、最短3営業日で発行されるクレジットカードです。

MUJIカードがあれば、年4回行われる無印良品週間で10%オフの割引優待を受けることができますのでおすすめです。

 

MUJIカードが学生にぴったりの理由

  • 無印良品週間で10%オフの割引優待
  • 無印良品の利用で永久不滅ポイントが1,000円ごとに3ポイント(通常の3倍)
  • 誕生月、5月、12月の年3回に500円相当のMUJIショッピングポイントがプレゼント
  • 永久不滅ポイント200ポイントでMUJIショッピングポイント1,200ポイントに

入会時のボーナスポイント1,000ポイント、年2回の会員限定ポイント500ポイント×2、誕生月ポイント500ポイントで、初年度で最大2,500円分のMUJIショッピングポイントを手に入れることができます。

年会費無料のMUJIカードでありながら、無印良品の2,500円分割引をもらえるようなものです。

 

さらに、貯まった永久不滅ポイントは200ポイント(無印良品利用の場合66,667円分)でMUJIショッピングポイント1,200円分に交換することができます。

無印良品利用だけで考えれば1.8%弱のポイント高還元率となりますので、無印良品ファンなら持っておいて損はないでしょう。

MUJIカードの申し込みはこちら

 

定期券一体型のルミネカード

新規入会限定キャンペーン
最大6,000円相当がもらえる!

f:id:retador:20170513031648j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 953円
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高500万円 国内旅行傷害保険 最高1,000万円
ポイントプログラム ビューサンクスポイント(1,000円=2ポイント) ポイント優待 オートチャージで1,000円=6ポイント
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー Suica、定期券、Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

ルミネカードの申し込みはこちら

 

ルミネカードもエポスカード同様に、ショッピング好きの女子大生から若いOLをターゲットにしているクレジットカードです。

ルミネだけではなく、NEWoMan(ニューマン)でのショッピングも5%オフになりますので、新宿を活動拠点にしている学生ならば必須でしょう。

 

年会費は無料ではありませんが、ルミネカードは初年度無料になるうえに会員限定のセール期間は10%オフでショッピングを楽します。

期間中に1万円のショッピングをすれば1,000円割引となりますので、実質年会費の元(割引額が年会費を超えるため)が取れることになります。

普段からルミネを利用している学生にとってはお得になりますし、セール当日でも即日発行に対応しておりますのでその日から利用できるというメリットもあります。

youtu.be

 

ルミネカードが学生にぴったりの理由

  • 希少なSuica&定期券一体型
  • オートチャージ機能を利用でポイント3倍
  • ルミネやNEWoMan(ニューマン)でのショッピングがいつでも5%オフ
  • 年に数回は10%オフ期間
  • 国内旅行傷害保険は利用付帯、海外旅行傷害保険は自動付帯

f:id:retador:20170513033434p:plain

上図はルミネカードの1ヵ月の利用シミュレーションです。

このシミュレーションだと年間で3,000円分のSuicaをお得に獲得することができる計算になります。

学生だと通学定期を購入すると思いますので、生活費の支払いをルミネカードを中心にするだけで、学生にとっては非常に大きなアドバンテージになります。

ただし2年目以降から年会費は必ずかかりますので、ある程度ヘビーユースすること前提でルミネカードを選ぶと良いでしょう。

ルミネカードの申し込みはこちら

 

常時1.2%の高還元率でPontaポイントがよく貯まる!リクルートカード

新規入会&利用キャンペーン
Pontaに交換できるリクルートポイント!

f:id:retador:20160310171043j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 最高1,000万円
ポイントプログラム リクルートポイント(100円=1.2ポイント) ポイント優待 リクルートサービス利用で100円=4.2ポイント
ショッピング補償 年間100万円まで 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

リクルートカードの申し込みはこちら

 

リクルートカードは、Pontaポイントと連携したことによってかなり使い勝手の良いクレジットカードになりました。年会費は永久無料でこちらも3営業日発行です。

 

ホットペッパーを使う学生は少なくなったかもしれませんが、じゃらんやホットペッパービューティを利用する人は多いのではないでしょうか?

それらのサービスをよく利用するなら、このリクルートカードがおすすめです。それがなくとも最低でも還元率1.2%というのはかなりの高還元率ですので、「とりあえず高還元率のクレジットカードが欲しい!」という学生さんにもおすすめです。

 

リクルートカードが学生にぴったりの理由

  • ホットペッパービューティで利用するとポイント還元率が3.2%
  • ポンパレモールで利用するとポイント還元率が4.2%
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯、国内旅行傷害保険も利用付帯
  • Pontaポイントがよく貯まる!
  • nanacoチャージでポイント2重取り!

 

楽天市場よりもポンパレモールで利用したほうが最低限のポイント還元率は高く、また国内旅行傷害保険も付帯していることが非常に大きな特長になります。

通常のポイント還元率も1.2%、リクルート系列のサービス(じゃらん、ホットペッパービューティ、ポンパレなど)の利用なら最大4.2%と高還元率が魅力のクレジットカードです。

また電子マネーnanacoにリクルートカードでチャージすると、なんとチャージ時にもポイントが貯まるためポイントが二重取りできます!nanacoで支払いをすると100円につき1ポイントもらえるため(=還元率1.0%)、合わせると最高2.2%の還元率になります。イトーヨーカドーやセブンイレブン、西武・そごう、デニーズなどでよく買い物をする学生さんは、こうしたリクルートカード×nanacoでの合わせ技を使うのも一つの手ですね。
こちらはnanacoでの支払いポイントはたまりませんが、セブンイレブンではnanacoで公共料金の支払いをや税金の支払いもできるので非常に便利です。

 

またリクルートカードはPontaポイントが相性が抜群のクレジットカードでもあります。

実際にリクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントですが、Pontaポイントに1対1の交換比率で移行することができます。

Pontaポイントはゲオ、ローソン、コジマ、昭和シェル石油など、幅広い店舗で利用できます。そのためリクルートポイントをPontaポイントにすれば小、銭代わりに日々の支払いに使えちゃいますよ。

リクルートカードの申し込みはこちら

 

クレジット・WAON・キャッシュカードがひとまとめに!日々の買い物がお得になるイオンカードセレクト

新規入会&利用キャンペーン
ときめきポイント大量ゲットのチャンス!

f:id:retador:20160310171020j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム ときめきポイント(200円=1ポイント) ポイント優待 イオン店舗利用で200円=2ポイント
ショッピング補償 なし 一体型電子マネー WAON、Apple Pay対応(イオン店舗のみ)
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
 × 海外旅行にクレジットカードが必要

イオンカードの申し込みはこちら

 

家や学校の近くにイオンやまいばすけっと、ミニストップがある学生には、イオンカードセレクトもおすすめです。イオンカードセレクトはイオンカード(クレジットカード)、WAONカード(ポイントカード・電子マネー)、イオン銀行キャッシュカードの3種類をひとまとめにしたカードなので、財布の中で何枚もカードをもってかさばるという心配もありません。年会費も永久無料で、仮カードなら当日受取も可能です。

 

イオンカードセレクトが学生にぴったりの理由

  • 電子マネーのWAON、イオン銀行キャッシュカードが一体型
  • 毎月20日と30日は、イオンで5%オフ
  • 毎月5日はポイント5倍
  • 毎月5日・15日・25日はWAONポイント2倍
  • イオンシネマで300円割引
  • イオン銀行普通預金金利が年0.1%に!
  • WAONのオートチャージでポイント2重取り!
  • JCBブランドならディズニーデザインも選べる!

イオンカードセレクトがあれば、イオンで毎月20日と30日が5%オフになり、毎月5日はポイントが2倍になります。

貯まったポイントはWAONチャージに充てることができますので、電子マネーもお得に利用することができます。

 イオンカードセレクトはとにかくお得な特典が豊富なので毎日の買い物をお得にしたい方にはぴったりです。下の表に主な特典情報をまとめました。

キャンペーン特典の適用条件 キャンペーン特典の内容
1.イオングループ店舗での買い物でクレジット決済 ときめきポイントがいつでも2倍
2. 「お客さま感謝デー」
毎月20・30日のイオングループでの買い物
5%割引(※1)
3. 「ときめきWポイントデー」
毎月10日にクレジット決済
200円(税込)ごとに、ときめきポイントを2ポイント
4.「お客さまわくわくデー」

毎月5日・15日・25日にイオングループでのWAON支払いで

WAONポイントを200円(税込)ごとに2ポイントプレゼント
5. WAONをオートチャージ設定にして買い物オートチャージでも200円ごとに1WAONポイントプレゼント(*2) オートチャージでも200円ごとに1WAONポイントプレゼント(※2)
6. 携帯電話などの各種公共料金を口座振替で支払い 1件につき毎月5WAONポイント
7. イオン銀行の口座がありイオンカードセレクトを持っている イオン銀行普通預金金利、通常年0.001%のところが年0.1%に!
8. イオン銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ・ゆうちょ銀行の平日日中のATM利用 引き出し・預け入れともに手数料無料

(※1)イオンネットスーパー・イオンショップでの利用は対象外となります。その他専門店など一部対象外店舗、対象外商品があります。

(※2) WAONポイントは、月間オートチャージ利用合計金額に対し、200円毎に1ポイントをプレゼントされます。ポイントは翌月17日以降にイオンなどに設置されているWAONステーションで受け取ることができます。

 

とにかくイオン系列のお店でお得になるので、イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュ、ミニストップのいずれかをよく使う学生さんはぜひ持っておきたい1枚です。

WAONのオートチャージでのポイント付与や、イオン銀行普通預金金利が年1.0%になるなどはイオンカードセレクトのみの特典です。

弱みとしてはイオン銀行の口座を開設する手間がかかることくらいでしょうか。しかしイオン銀行はイオンやミニストップに設置されているATM、あるいはみずほ銀行、三菱東京UFJ、ゆうちょ銀行のATMでも、平日日中であれば手数料無料で利用できます。普通預金金利が優遇される特典もあるので、この機会にイオン銀行の口座を開設してイオンカードセレクトを持つのもありかもしれませんね。

イオン銀行口座はいらないという人であれば、クレジットカードとWAON機能のみのイオンカード(WAON一体型)でも申し込めますよ。その際上記のイオンカードセレクトのみの特典は受けられませんが、イオンでお得に買い物できる点に変わりはありません。

 

ほかにもJCBブランドであれば、イオンカードのディズニーデザインであるクレジットカードが申し込めます。ディズニーが好きという学生さんは、JCBブランドであるディズニーデザインで申し込みをしたいですね。

 

また旅行傷害保険は付帯されておりませんが、イオンカードセレクト・イオンカード(WAON一体型)を年間100万円以上の利用実績を積むなどの条件をクリアすると、本来年会費のかかるゴールドカードを永久無料で使えるインビテーション(招待状)が用意されています。

f:id:retador:20171107192703p:plain

イオンカードゴールドのスペックは非常に高いので、イオンモールを始めとしたイオングループをよく利用する学生におすすめです。全国のイオンや羽田空港のラウンジが無料で使えるなど、うれしい特典が満載です。

イオンカードの申し込みはこちら

 

現役学生100人に聞いた!友だちにおすすめするクレジットカードの選び方

f:id:retador:20170513142614p:plain

ここまで三井住友VISAデビュープラスカードを含めて、学生さんにおすすめする11枚のクレジットカードを紹介してきました。しかし実際の学生さんは一体どんなクレジットカードを使っており、友人におすすめするならどのカードが良いと思っているのでしょうか?
ここでは現役の学生さんたちのアンケート結果を踏まえつつ、友だちにはどのようなクレジットカードをおすすめするのか、そのポイントをまとめてみました。

 

アンケートに回答してくれた学生の属性

f:id:retador:20161201164131p:plain

北は北海道大学から南は沖縄工業高等専門学校まで、72の大学・4の専門学校・1の短期大学・1の大学院の学生に回答してもらうことができました。

今回のアンケート内容は至ってシンプルで、次の2つの質問で聞きました。

  1. 学生におすすめできるクレジットカードはなんですか?
  2. そのクレジットカードをおすすめする理由を教えてください。

学生なら年会費無料のクレジットカードがマスト

学生さんであればクレジットカードは年会費無料であることは外せません。クレジットカードの中には年会費が有料で、かつ使い方次第で非常にお得に使えるものも確かにあります。しかし収入が限られている学生さんであれば、できるだけ出費は避けたいと思うでしょう。

また年会費がかからないからこそ、「元を取らなきゃ!」と無駄な出費を増やすことなく、本当に必要な場面でのみクレジットカードを利用できると思います。そのためクレジットカードは年会費無料であることが重要です。この年会費無料のクレジットカードの中には「完全無料」と条件付きで「実質無料」の2種類があるので、できるだけ「完全無料」であるものが望ましいですね。

上のおすすめクレジットカードの中では、完全無料は楽天カードリクルートカード、実質無料や期間限定無料には三井住友VISAデビュープラスカードセゾンブルーアメックスカードなどがあります。

クレジットカードの審査が簡単

クレジットカードの審査は「信用情報に傷がないか(過去に支払い遅延などを起こしていないか)」「継続した収入があるか」の2点が見られます。

そのため一度もクレジットカードを使ったことがなくても、過去に携帯電話の料金の支払いが遅れたことがあったり(信用情報機関に支払い履歴のデータが保管されているため)すると審査が不利になります。

またバイトなどをしていても、会社員などと比べ年収が低めな学生さんはあまり審査に有利とは言えません。しかし、クレジットカード会社には学生向けに特化したカードを発行しているところもあり、そうしたところは収入が0円の学生さんでもクレジットカードを作れたりします。そのため学生向けに宣伝している学生向けクレジットカードを申し込みことで、比較的審査に通りやすくなります。

上のおすすめクレジットカードの中では三井住友VISAデビュープラスカードや学生専用ライフカードが学生向け審査を実施しているクレジットカードです。

ETCカードを無料で使える

大学生などになると、車を運転するなど行動範囲が広くなります。その際有料高速道路をスピーディーに利用できるETCカードがあると便利です。

クレジットカードの中にはこのETCカードを年会費無料・発行手数料無料で申し込めるカードがあるため、そうしたものもぜひ活用したいですね。

上のおすすめクレジットカードの中ではエポスカードやイオンカードなどが完全無料でETCカードを発行できます。

電子マネーやポイントが使える

クレジットカードの中にはiD・QuickPay・楽天Edyといった電子マネーに対応しているものがあります。

この電子マネーは通常のクレジットカード支払いよりも、日々の支払いをスムーズにできるため、たとえばコンビニ支払いなどが便利になります。クレジットカードは自分に合った電子マネーやポイントを活用することで、支払いを早くそしてお得にポイントがたまることができます。

上のおすすめクレジットカードの中では、三井住友VISAデビュープラスカードのiDでワンタッチで素早くお会計が、楽天カードの楽天EdyやイオンカードセレクトのWAONであればカード一体型の電子マネーで買い物ができ、さら電子マネーのポイントもたまります。

普段使っている店舗やサービスでお得になる?

たとえば特定の店でとてもお得になるクレジットカードがあったとしても、そのお店に自分がそもそも行く機会がなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。クレジットカードは自分の生活圏内で使って初めて意味を持ちます。クレジットカードを手に入れたから背伸びしてお店を使うのではなく、自分が普段から使うお店で特に使えるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

たとえばエポスカードであれば、マルイ以外にも全国のカラオケやロイヤルホストなどで割引がきくため学生向けの優待が充実していると思います。

どれだけお得になるかはクレジットカードの還元率が鍵となる

クレジットカードのお得さを測る指標として還元率があります。還元率はたとえば「1,000円利用につき1ポイントがたまる(=ポイント付与率)」と「1ポイントに5円分の価値として利用できる(=ポイント実質額)」の2つをかけ合わせて計算します。この場合は1,000円につき5円分のポイントがもらえるため、還元率は「1ポイント×5円÷1,000円×100=0.5%」となります。この還元率が高いほど、お得ということになります。

たとえばリクルートカードは還元率がいつでも1.2%なので、ほかのクレジットカードと比べると非常にお得です。

ポイントが付くだけで公共料金はこんなに安くなる!

水道・ガス代、あるいは家賃などの公共料金は月々必ず発生する支出です。この支払いを口座振替にすると取り立ててお得にはなりませんが、こちらをクレジットカード支払いにすることで利用額に応じたポイントがたまるためお得になります。

たとえばこうした公共料金が月々2万円発生するとして、1年間(12か月分)では24万円がかかります。こちらをさきほどの還元率0.5%のクレジットカードで支払うとすると、年間で1200円分お得になることになります。毎月の支払いを口座振替にする人とクレジットカードの支払いにする人では、毎月これだけの差額が生まれるわけで、長い目で見たときその額はどんどん大きくなっていきます。もちろん公共料金だけではなく、スーパーでの買い物をクレジットカードに置き換えることさらにこの数字は増えていきます。

もちろん先の計算式も還元率1.2%のリクルートカードにすることで年間2,880円分のポイントがもらえるので、還元率が高いクレジットカードで支払うという視点も大事ですね。

学生が絶対に申し込んではいけない銀行系クレジットカード

学生さんの中には銀行口座の開設と同時に銀行のクレジットカードの発行を勧誘されて経験もあるかもしれません。銀行のクレジットカードは安心というイメージもあるかと思いますが、ポイント還元率という意味では一般的なクレジットカードには及ばないことがほとんどです。クレジットカードをお得に使いたいという人であれば、銀行系クレジットカードはおすすめできません。

アンケート結果の上位3つのクレジットカードはこちら

次の表は100名の現役学生が「友人におすすめするとしたらどのクレジットカード」か教えてくれたものです。

1位:楽天カード 49人
2位:三井住友VISA
デビュープラスカード
11人
3位:エポスカード 10人
4位:大学発行の
クレジットカード
5人
5位:学生専用
ライフカード
4人
6位:PARCOカード 3人
6位:銀行の
クレジットカード
3人
8位:イオンカード 2人
8位:ルミネカード 2人
10位:ACマスターカード 1人
10位:ANA学生カード 1人
10位:AOYAMAカード 1人
10位:dカード 1人
10位:JCBカード 1人
10位:LINEPayカード 1人
10位:Yahoo!JAPANカード 1人
10位:オリコカード 1人
10位:セゾンブルー
アメックス
1人
10位:ポンタカード 1人
10位:三菱東京UFJ
-VISAデビット
1人

 

なぜ、現役学生は「そのクレジットカード」をすすめたのか?上位3つのクレジットカードを選んだ理由を聞いてみた

f:id:retador:20170513160033p:plain

三井住友VISAデビュープラスカードが1位かと思いきや、なんと1位は楽天カードでした。しかも三井住友VISAデビュープラスカードに30票以上の差をつける結果となりました。

その楽天カードと含めて上位3つのクレジットカードについて、「学生におすすめする理由」を見てみましょう。

 

審査も簡単!ポイントも貯まる!学割もある!だから楽天カードがおすすめ

新規入会&利用でもれなく
もらえる楽天ポイント!

f:id:retador:20160310171041j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム 楽天ポイント(100円=1ポイント) ポイント優待 楽天市場利用で100円=4ポイント
ショッピング補償 楽天市場の未着商品は金額補償 一体型電子マネー 楽天Edy、Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

楽天カードの申し込みはこちら

学生でも簡単に審査が通ったので。(東北大学 3年次 男性)

学生でもアルバイトの収入があれば審査がすぐに通り、キャンペーンにエントリーしてカードを使うだけでポイントがたまり楽天ショップでそのポイントを利用できるので、お金がない時に教科書を買わなければいけない時でも安く購入できる場合があるからです。(中央大学 5年次 女性)

楽天市場でお買い物をすると、ポイントがたまります。カード払いにすると、5倍や7倍などさらに多くのポイントが付くので、お得です。また、普段のお買いものでカードを使ってもポイントが付くので、よくカードを使っています。そして、貯まったポイントでまたお買い物をします。(関西医療大学 4年次 女性)

年会費が無料であり、学生を対象に数ヶ月に一度送料無料のクーポンが配布されます。また、RポイントカードやEdyを併用すると、コンビニやガソリンスタンド等で楽天ポイントを貯めることも可能です。コンビニを多く利用したり原付や自動車を持ち始める学生にとっては、もってこいのカードだと思います。さらに、大学祭等で商品を大量購入する場合、支払いの担当になってしまえばそこでポイントを稼ぐことも可能です。(広島大学 5年次 女性)

「楽天カードの審査が甘く、学生でも持てたから」という回答が多かったのが特徴的でした。

クレジットカードの審査についての詳細は別の機会で述べたいと思いますが、実際のところ学生の楽天カードの審査通過率は非常に高いようです。楽天カードのCMで「簡単申込!学生も申し込みOK」とPRしていることからも、学生にとっては申し込みやすいクレジットカードだと思います。

 

ただし、「審査が甘いから」という理由だけでクレジットカードを選ぶのはやめましょう。

cardinfo.hatenablog.com

  

2016/11/16に、楽天学割が無料にリニューアルされたばかりなので、楽天カードを利用したポイント付与や割引優待はかなり魅力的です。そのせいか、49人中30人が女性だったのも、ショッピングに魅力のあるクレジットカードならではなのかもしれません。

楽天カードの申し込みはこちら

 

安心で実質無料年会費だから三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめ

新規入会でもれなく
最大7,000円分キャッシュバック!

f:id:retador:20161205184404j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 前年度1回以上利用で無料(※)
国際ブランド VISA 利用可能枠 10~30万円
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム ワールドポイント(1,000円=2ポイント) ポイント優待 入会後3ヵ月間は1,000円=5ポイント
ショッピング補償 年間100万円まで 一体型電子マネー iD、Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
 △ 普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
 × 海外旅行にクレジットカードが必要

※通常年会費は1,250円+税

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みはこちら

初年度の年会費が無料で、翌年からも、一回以上の利用で無料になるから。(立命館大学 3年次 男性)

学生の優遇が良かったからです。また年会費も無料ですし、ポイントの還元率も高くよくカードを使う身としては、とてもよかったからです。(近畿大学 4年次 男性)

還元率がとても高いことと、海外でも大抵安心して使えるブランド。(富山大学 4年次 女性)

三井住友VISAデビュープラスカードをおすすめする理由として、「VISAブランドで海外でも安心して使えること」「年会費が実質無料であること」「ポイント還元率の高さ」の3点を挙げている学生がほとんどでした。

三井住友VISAデビュープラスカードは、入会後3ヵ月間のポイント付与が5倍となります。

そのため、出費の多い新生活時期2月〜5月に入会して利用することで、かなりお得にポイントを貯めることができるでしょう。

 

ただし、最初に紹介したエポスカードのように海外旅行傷害保険が付帯されておりません。そのため、海外では利用することはできますが、それによって保険を得られるわけではありませんので注意が必要です。

ちなみに、11人中8人が男性と、女性が多かった楽天カードとの違いも面白いと感じます。

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みはこちら

 

優待割引がすんごいエポスカードがおすすめ

持ってて、よかった。エポスカード。
新規入会キャンペーン開催中!

f:id:retador:20160310171024j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 無料
国際ブランド VISA 利用可能枠 審査によって決定
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム エポスポイント(200円=1ポイント) ポイント優待 リボ払いで200円=2ポイント
ショッピング補償 年間50万円まで(年間保険料1,000円) 一体型電子マネー Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
  普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
  海外旅行にクレジットカードが必要

エポスカードの申し込みはこちら

合宿免許の支払い開始を、半年先まで伸ばすことができたから。(名古屋大学 4年次 男性)

マルイのセール時に10%オフになるから。(東京女子大学 4年次 女性)

カラオケなどで割引が使えるから。(龍谷大学 2年次 女性)

エポスカードには、学生限定の免許取得応援クレジットのスキップ払いというサービスが用意されています。これは、免許取得合宿の入校日から最長6ヶ月間、支払開始日を据え置きできるサービスです。

据え置き期間に手数料がかかることもありませんので、学生にはめちゃくちゃ嬉しいサービスだと思います。

 

その他には、学生がよく使うカラオケやマルイのショッピングで優待されることがおすすめする理由で挙がっておりました。

エポスカードの男女比はちょうど半々だったのも、楽天カードや三井住友VISAデビュープラスカードとの違いも分かり面白いですね。

エポスカードの申し込みはこちら

 

なぜ三井住友デビュープラスカードが人気なの?学生におすすめされる5つの理由

f:id:retador:20170512222705p:plain

アンケート結果では楽天カードが断トツの1位でしたが、なぜかどのサイトでも三井住友VISAデビュープラスカードを学生に最もおすすめするクレジットカードとして紹介しています。

それはなぜなんでしょうか?

わたしは、こんなにも三井住友VISAデビューカードがおすすめされる背景に、学生はクレジットカードに対して恐怖心がお得感よりも勝っているからではないかと考えます。

つまり安心して使える(雰囲気があるか)クレジットカードかどうかが重要だという考察です。

 

三井住友ブランドの存在感の大きさ

三井住友カードは、

  • 2017年12月で創業50周年
  • 国内初のVISAカードを発行
  • 金融業界で初めてPマーク(プライバシーマーク)を取得
  • iD決済の導入と普及(Apple Payの決済網でもあります)

と、クレジットカード業界のなかでも長い歴史と実績を築き上げてきたクレジットカード会社です。

しかも、三井フィナンシャルグループの一員であることから、ブランドの安心感は国内一といっても過言ではないでしょう。 

学生を前提にした簡単な審査基準

学生向けのクレジットカードということは、その審査基準も学生向けに設計されているはずです。

学生は審査に落ちることに対しても、なにかしらの不安や恐怖を感じていることを聞きました。

審査に落ちることで、自身の将来に不利になることが起きるのではないかという漠然とした不安を感じるようなのです。実際はそんなことはありませんので、クレヒスや審査についてまとめた記事で確認してみてください。

さきほどのアンケートでも「審査が甘いから」という理由が大半で楽天カードが選ばれていたように、学生もできるだけ審査に落ちにくそうな学生専用のデビュープラスカードを選びたいのかもしれません。

cardinfo.hatenablog.com

限度額がわかりやすい安心設計

三井住友デビュープラスカードには明確な利用限度額が記されています。その金額も10〜30万円です。(ほとんどの学生は最初10万円の付与から始まります)

利用限度額の制限が厳しいということは、=使いすぎる心配がないということにもなりますので、学生にとっては安心できます。

抜群のセキュリティ

三井住友VISAカードはVISAブランドカードのパイオニアということもあり、セキュリティ面についても非常に堅牢です。業界最高水準の不正使用検知システムなど、カードの不正利用や利用者の情報保護に力を入れています。

このセキュリティに裏打ちされた安心感こそ、三井住友VISAデビュープラスカードの魅力の一つなのかもしれません。

ゴールドカードまでのレールが引かれている

三井住友VISAデビュープラスカードを持って26歳を迎えると、クレジットカードの更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動ランクアップされることになります。

学生のうちからゴールドカードを持ちたいならともかく、これはある意味、何も考えなくてもクレジットカードのキャリアアップに繋がるという安心感もあると思います。

 

以上に挙げた5つの「安心感」が、学生の目には魅力的なものとして映り、おすすめのクレジットカードとして三井住友VISAデビュープラスが挙げられるのだと思います。

ただし、冒頭で紹介したようにクレジットカード選びで重要なのはその利用目的です。

学生におすすめのクレジットカードは決して三井住友VISAデビュープラスカードではないことだけは覚えておいてください。

学生がクレジットカード選びで損をしない5つのポイント

ここでは学生がクレジットカード選びで損をしないための5つのポイントを紹介します。

シェアを見ると一目瞭然!使いやすい国際ブランド

クレジットカードには決済機能を担う国際ブランドというものがあります。主な国際ブランドとしてVISA, mastercard, JCBの3つがありますが、こちらは世界での加盟店舗数もこの順番に多いです。

そのためVISAが世界でもっとも使いやすい国際ブランドのため、迷ったらVISAにすればほぼ間違いありません。JCBは日本の国産ブランドのため、日本国内だけでみればシェアはNo.1です。しかしもし海外旅行や留学を考えている学生さんであれば、やはり海外でも使えるVISAのクレジットカードがおすすめです。

学生専用がやっぱり安心!

学生専用のクレジットカードは、審査面でも学生に配慮してくれるだけではなく、学生にとって使いやすい機能が充実しています。また学生ということで限度額も低めに設定されており、使いすぎる心配もありません

限度額は利用実績を重ねたり、社会人になって収入が増えることで段階的に開放されていきますので、学生のうちは学生専用のクレジットカードがおすすめです。中にはインビテーション(特定クレジットカードの愛用者に送られる上位カードへの招待状)が届くものもあるため、そちら狙いでも大丈夫です。

なんだかんだ見た目は大事!クレジットカードの券面デザイン

クレジットカードは支払い時に毎回目にするものなので、やはりデザインも重要です。万が一デザインが気に食わないクレジットカードを持ってしまうと、支払いの度に恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。クレジットカードの中には通常デザインから数種類、あるいはデザインカードを選べるものもあるため、本当に自分が気に入るデザインであるかどうか、見極めることも重要です。

リボ払い専用(リボ専)カードには要注意

クレジットカードの中にはリボ払い専用のカードがあります。

リボ払いは毎月の支払い金額を自由に設定できるものですが、使い方を誤ると金利が膨れ上がり、本来よりも多くの支払いが発生してしまいます。そのため学生にはリボ払い専用のクレジットカードはおすすめできません。クレジットカードの支払いは金利手数料などが発生しない一括払いか、支払額を利用限度額いっぱいにまで設定した実質一括払いのリボ払いにするかのどちらかをおすすめします。後者も金利手数料は発生しませんが、クレジットカード初心者の人には一括払いができるクレジットカードがおすすめです。

店頭申し込み時の売り込みにも要注意!安心して申し込むならインターネット入会がお得

どこかお店を訪れたときに、店頭でそのお店のクレジットカードを勧誘された経験のある学生さんもいるかもしれません。クレジットカードは本当に自分に合ったカードを選ぶ必要があるため、勧誘されその場の判断で発行することはおすすめできません

仮に発行するとしても、発行まで待ち時間が発生することがほとんどですし、店頭よりもWEB申込のほうが新規入会特典のポイントがもらえるなどのメリットがあります。そのためよほどの理由がない限りは、クレジットカードはインターネットからの申し込みがおすすめです。

学生に覚えておいて欲しい、海外旅行や留学にクレジットカードが必要な理由

ここでは特に海外旅行や留学に行く学生さんに対して、海外でクレジットカードが必要な理由を解説します。

海外の法外な治療費に役立つ海外旅行傷害保険

海外では日本の国民皆保険のような制度がないため、虫歯といったちょっとしたものでも高額な治療費を請求されることがあります。そのためお金を払って保険に入る必要があるのですが、クレジットカードの中にはこの海外旅行傷害保険が無料で付帯しているものがあります。特に海外旅行傷害保険が自動付帯のものであれば、持っているだけで渡航から90日間程度、保険が適用されるため、万が一のときにも安心です。

ホテルや公共機関で提示が必要な場合も

海外ではクレジットカードが身分証として役割を果たすことがあります。

たとえばホテルや長距離列車などのチケットをクレジットカードで予約した際に、本人確認としてそのクレジットカードの提示を求められることがあります。そのためもし出国前に両親のクレジットカードでホテルを予約し、実際にチェックインする際にクレジットカードの提示を求められると、親のクレジットカードなので本人確認でできないということもありえます。

必ずしもクレジットカードで確認されるわけではありませんが(パスポートでも大丈夫なところもある)、そのような事態も起こりうるため、本人名義のクレジットカードを持つことは、海外では特に重要な意味を持つのです。

盗難にあってもすぐに止められるセキュリティ

日本ではクレジットカードよりも現金支払いが主流かもしれません。しかし海外で多額の現金を持つことは、スリや窃盗などリスクを抱えることになるためあまりおすすめできません。クレジットカードであれば万が一紛失や盗難の被害にあっても、電話一本でクレジットカードの利用を停止することができるため、現金よりも安心です。

複数枚持ちでセキュリティ強化&保険内容の拡充を!

またクレジットカードは2枚以上持つことでさらに機能が充実します。たとえば海外でJCBブランドのクレジットカードだけを持っていくことは少し不安ですが、もう1枚VISAブランドのクレジットカードを持つことで支払いができないというリスクを最小限にすることができます。

またクレジットカードの海外旅行傷害保険は重ね掛けすることができます。死亡傷害保険のみ対象外ですが、それ以外は保険金額が合算されるため、保険付きのクレジットカードを複数枚持つことで、お金を払って保険に入らずとも、補償額を充実させることができるのです。

学生の審査は少し違う?クレジットカードの審査で気になること

ここでは学生ならではのクレジットカードの審査の疑問について解説します。

未成年だと親の承諾が必要

学生でも未成年(高校生を除く18歳〜19歳)の場合は、クレジットカードの申込時に親の承諾が必要になります。

その承諾方法は、クレジットカード各会社で異なります。

例えば、三井住友カードなら「親の承諾書を提出する」必要がありますが、エポスカードであれば「電話等で親の了解を確認する」程度で済む場合もあります。

ただどんな方法であれ、もし何かあったときに頼りになるのは肉親ですので、親にはクレジットカードを持つことについて予め相談しておくことをすすめます。

基本的に親の審査はない

学生のクレジットカード審査は、本人というよりも両親の支払い能力を加味して決定されることがあります(万が一の時には親に支払いを立て替えてもらうため)。しかし基本的には親の審査はありません。あくまで申込者本人の収入や信用情報をもとに審査されます。

学生の場合は収入欄は0でもOK

クレジットカードの申し込みには必ず収入(年収)を記入する項目があります。この金額が大きいほど、返済能力があるとみなされる指標となるわけですが、学生の場合は収入は0円と回答しても審査に通ることはあります。

もちろんアルバイトなどをしていて、収入があるに越したことはありませんが、なくても大丈夫です。もちろん、収入が0円で過去に支払い遅延履歴などがあれば審査落ちする可能性は高くなりますから注意してください。

提出書類に学生証は不要!必要なのは免許証か健康保険証

学生向けクレジットカードには学生証の提示が必要と思う学生さんもいるかもしれません。しかし提出書類に学生証が必要なことはほとんどありません

それよりも申込時や受け取り時には本人確認書類が必要で、たとえば免許証、健康保険証、パスポートなどが必要です。逆に本人確認書類に学生証は使えないため、注意してください。

クレジットカードのここが分からない!クレジットカードマイスターが学生に送るアドバイス

ここではクレジットカードマイスターであるわたしから、学生の皆さんにアドバイスを送りたいと思います。

クレジットカードは危ないから現金のほうが良いという意見は本当?

クレジットカードが危ないというのは「審査に落ちるとブラックリスト入りする」「金利や手数料がかかる」といった不確かなイメージからきているのだと思います。結論から言えばそんなことはまったくありません

たとえばクレジットカードの審査に落ちると、信用情報機関に「○○さんが▽▽クレジットカードに申し込んだが審査落ちした」という情報は残ります。ただしこちらは最長でも6か月間のみ記録されるものであり、半年を過ぎればその記録は破棄されます。

逆に言うと審査落ちから半年以内に別のクレジットカードを複数枚申し込むと、「この人はクレジットカード審査に何枚も落ちているぞ。お金に困っているのかな?」と審査に不利に働く恐れはあります。

ブラックリスト入りというのはたとえば自己破産したときなど、よっぽどのことなければおきえないので、この心配は杞憂です。

また金利や手数料がかかるというのも正確ではありません。クレジットカードの支払い方法には一括払い(その都度、毎月の利用金額をすべて支払う)があり、一括払いであれば金利や手数料などは発生しません。使った分だけ支払うことになります。

逆にリボ払いやキャッシングなどは金利や手数料が発生します。そのため学生の皆さんには、慣れないうちはリボ払いやキャッシングは絶対に使用しないでください

クレジットカードは毎月の支払い履歴がわかるため家計簿をつける代わりにもなります。また現金は落としたらほぼ帰ってきませんが、クレジットカードは落としても利用停止を申請することで被害を最小限に抑えることができます。あるいはカードによっては不正利用分は全額返金補償をしてくれるものもあります。ポイントもたまるため、正しく使えクレジットカードは現金よりもメリットしかないと思います。

大学が発行するクレジットカードはどうなの?

大学の中には、クレジットカード会社と提携して独自に発行している大学カードというものが存在します。

立教カードや早稲田カード、明治カード、東海カードなどがその一例です。

結果から伝えると、大学カードはクレジットカードとしてはポイント還元率が良いわけでも、付帯サービスが充実しているわけでもありません。そのため、お得さを追求するという意味であれば、クレジットカードとしては役不足と言わざるを得ません。

 

ただし、大学カードには各大学に応じた独自の特典があります。

大学図書館への入館許可、結婚式の際に大学総長から祝電が送られてくるといったユニークな特典もありますので、卒業生もしくは職員を対象に発行している側面が強いのかもしれません。

各大学カードを調べてみても面白いと思いますので、もし興味があれば学生課にあるパンフレットに目を通してみてもよいでしょう。

 

海外に持っていくならどんなクレジットカードがおすすめ? 

海外にクレジットカードを持っていくなら、異なる国際ブランドで複数枚持つのがおすすめです。

たとえば三井住友VISAデビュープラスカード(VISAブランド)×楽天カード(mastercard or JCBブランド)の組み合わせがおすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカードはVISAブランドなので海外でも広く使えますが、海外旅行傷害保険はつきません。そこで海外旅行傷害保険が最高2,000万円の楽天カードを合わせることで、出国時に航空代金を楽天カードで支払うことで保険が適用されます。また楽天カードは海外でmastercard、JCBで支払えるところで使い、それが使えないところでは三井住友VISAデビュープラスカードで支払えます。利用限度額も2枚のカードを合わせた合算になるので、限度額の少なさもカバーできますよ。

 

このほかにもたとえば、

三井住友VISAデビュープラスカード(VISA)とエポスカード(VISA)
→ショッピングのポイント付与と海外旅行傷害保険の組み合わせ


楽天カード(VISA or mastercard)とセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(Amex)
→ショッピングのポイント付与と国内/海外旅行傷害保険の組み合わせ


楽天カード(JCB)とエポスカード(VISA)と学生専用ライフカード(mastercard)
→ショッピングのポイント付与とW海外旅行傷害保険(補償額の合算)


など、それぞれのクレジットカードが持つ強みを組み合わせることによって非常にお得で安心できるパッケージを作ることができるのです。

 

海外で安心して使える組み合わせももちろん大事ですが、それが帰国後国内でもうまく使えるかどうかまで見据えて選べるとさらにいいですね。

締め日と支払日の違いを教えて!

クレジットカードには「締め日」と「支払日」がそれぞれあります。支払日はクレジットカード会社から銀行口座の引き落としがある日ということでわかりやすいと思います。対して「締め日」とは「翌月の請求額が確定する日」のこといいます。この締め日と支払日はクレジットカード会社によって異なるため注意が必要です。

たとえば楽天カードは締め日は月末で、支払日は27日となっています。つまり2017年12月1日から2017年12月31日(締め日)の一か月分の利用額が、翌月の2018年1月27日(支払日)に引き落とされると言う具合ですね。

この締め日を把握すると、実際の支払い日での金額ある程度コントロールすることが可能です。ただし締め日には加盟店舗からの支払い情報が届いて初めて請求金額が確定するので、その支払い情報の届くスピードによっては請求額の反映が遅れることもあります。

分割払いやリボ払いにある実質年率ってなに?

実質年率とはかかる金利や手数料など合わせた年間単位での金利を示したものになります。こちらは法律によって表示が義務付けらており、分割払いの回数やリボ払いにはこの実質年率が表示されています。実質年率とはかかる金利や手数料など合わせた年間単位での金利を示したものになります。こちらは法律によって表示が義務付けらており、分割払いの回数やリボ払いにはこの実質年率が表示されています。

たとえば三井住友カードの場合、5万円の商品を分割払い10回で支払うとしましょう。三井住友カードの10回払いの実質年率は14.25%、分割手数料は利用代金は100円につき6.70 円となっています。これを計算すると、

  • 分割手数料:50,000円×(6.70円÷100円)=3,350円
  • 支払総額:50,000円+3,350円=53,350円
  • 分割支払い額:53,350円÷10回=5,335円

となります。つまり5万円の商品を買うのに、10回の分割払いにすると、月々の支払額が5,335円、総額では3,350円余計に支払うことになります。このような手数料や金利を年間の実質金利に置き換えたものが実質金利になります。この数字が大きければ大きいほど、金利や手数料が多く発生することになります。

クレジットカードを解約したいんだけど?

クレジットカードを解約するのは、手元にクレジットカードを用意し、公式サイトに記載された電話番号に電話することで解約することができます。クレジットカードを解約することで手数料や解約料の支払いが発生することはほとんどありません。ただし解約すると改めてカードを申し込んでも審査に通らなくなるおそれがあるため、解約判断は慎重に行いましょう。

最初の1枚は三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめ!その後は複数枚持ちを検討しよう

三井住友VISAデビュープラスカードは学生におすすめのクレジットカードです。ただし海外旅行傷害保険が付帯していないなど、弱みもあります。そんなときは他のクレジットカードを合わせて持つことで、そうした弱みもカバーできます。この記事で紹介したクレジットカードはどれも学生のニーズに応えられるはずですので、ぜひこの中から自分に合ったクレジットカードや組合わせを見つけてみてくださいね。

新規入会でもれなく
最大7,000円分キャッシュバック!

f:id:retador:20161205184404j:plain

初年度年会費 無料 次年度年会費 前年度1回以上利用で無料(※)
国際ブランド VISA 利用可能枠 10~30万円
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ポイントプログラム ワールドポイント(1,000円=2ポイント) ポイント優待 入会後3ヵ月間は1,000円=5ポイント
ショッピング補償 年間100万円まで 一体型電子マネー iD、Apple Pay対応
マッチする目的
  とりあえず年会費無料のクレジットカードを持ちたい
  公共料金などの月額固定費をクレジットカード払いにしたい
 △ 普段のショッピングをお得にしたい
  ライブチケットの購入などウェブサービスの決済にクレジットカードが必要
 × 海外旅行にクレジットカードが必要

※通常年会費は1,250円+税

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みはこちら