読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードMeister

世の中の金融リテラシー向上に向けて、最も身近な金融行動であるクレジットカードに関する情報や知識を伝えるサイトにしていきたいです。

ゆうちょのクレジットカードは学生にオススメできない

選び方 学生 デメリット

皆さんは、ゆうちょ銀行がクレジットカードを発行していることをご存知でしょうか。 メガバンクがクレジットカードを発行していることは知っていても「ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードについては初耳だ」という方も多いと思います。 そこで、今回はゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードの「JP BANK カード EXTAGE」について紹介します。

若者限定!ゆうちょの「JP BANK カード EXTAGE」とは

f:id:retador:20170117102926j:plain

JP BANK カード EXTAGEは、申し込み対象者が「満18歳以上29歳以下の方または、高校生を除く満18歳以上の学生の方」の若者限定クレジットカードです。 ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードは、レギュラーラインに「JP BANK カード」というカードがありますが、それと比較するとお得な特典が多数付帯しているカードとなっています。  

クレジットカードとキャッシュカードが1枚に

このJP BANK カード EXTAGEは、クレジットカードとゆうちょ銀行のキャッシュカードの機能が1枚にまとまった、一体型カードとなっています。

財布がすっきりするというメリット

  そのため、今までゆうちょ銀行のキャッシュカードとクレジットカードを別々に持っていたという方であれば、それらが1枚にまとまるため、財布の中身がスッキリするというメリットがあります。 財布の中身がカードでパンパンなのは、大人として少しみっともないので、JP BANK カード EXTAGEを利用して財布をスッキリさせましょう。

紛失した場合は2倍のダメージ

ただし、キャッシュカードとクレジットカードという2種類のカードが1枚にまとまるということは、紛失した場合のダメージも2倍ということになります。 クレジットカードやキャッシュカードを紛失しないようにすることは、当たり前のことだと思いますが、こういう一体型のカードを利用する際には、より一層注意して携帯する必要があります。  

ゆうちょ銀行のキャッシュカード

では、JP BANK カード EXTAGEの2種類の役割について、それぞれ見ていきましょう。 まずは、「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」としての役割です。

郵便局のATM手数料が無料なのは嬉しい

キャッシュカードですから、もちろん口座からお金を引き出す際に利用することになります。 JP BANK カード EXTAGEの場合、ゆうちょATMなら手数料無料です。 ATM手数料は、1回につき108円や216円といったわずかな金額であることがほとんどですが、積み重なれば馬鹿にできない金額になってしまいます。 手数料無料というのは、非常にポイントが高いです。

しかし営業時間が短い

ただし、ゆうちょATMは「営業時間が短い」という弱点があります。 取扱項目にもよりますが、土・日の場合だと、9時〜17時、21時で営業時間が終わってしまう場合もあります。 いざという時に、利用できない可能性があるのは、少し不便だといえるかもしれません。  

コンビニATMは手数料がかかる →手数料の優遇はなし

しかし、JP BANK カード EXTAGEは提携金融機関のATMや、コンビニのATMで利用することも可能で、こちらであれば24時間いつでも利用することが可能です。 これで「ゆうちょATMは営業時間が短い」という弱点はカバーされたかに思われますが、提携金融機関のATMや、コンビニのATMで利用する場合には、所定の手数料が必要になります。 ゆうちょATMを利用するのも、提携金融機関・コンビニのATMを利用するのも、一長一短といったところでしょうか。  

ではクレジットカードの特徴は

続いて、「クレジットカード」としての特徴を見ていきましょう。

年会費は5年間までは無料

まずは、クレジットカードの発行を検討する際に、大きな判断基準の1つとなる年会費です。 JP BANK カード EXTAGEの年会費は「新規入会後5年間は無料」となっています。これは非常に大きなアピールポイントの1つです。 では、入会してから5年経った後の年会費はどうなるのでしょうか。 ####5年後には自動的に一般カードに切り替え →一般カードの年会費は1,250円(税抜) JP BANK カード EXTAGEというカードを利用できるのは新規入会から5年間だけです。 5年後には、審査の上「JP BANK カード」という一般カードに切り替えられてしまいます。 この一般カードは年会費が1,250円(税抜)かかるため、年会費無料で利用できるのは最初の5年間だけということになります。

5年以内の退会は、カード発行手数料2,000円(税抜)対象に

JP BANK カード EXTAGEは入会費・年会費・更新料などはまったく必要ありませんが、JP BANK カードに切り替えられる前(新規入会から5年以内)に退会してしまった場合には、カード発行手数料が2,000円(税抜)必要となります。 これは、JP BANK カード EXTAGEの発行・所有の過程の中で、唯一発生する費用なので、一度発行されたら、5年間は退会しないことをおすすめします。

ゆうちょのJP BANK カード EXTAGEではキャッシング機能がない

また、通常のクレジットカードであれば10万円や30万円程度のキャッシング機能が付帯しています。 しかし、JP BANK カード EXTAGEは海外限定で利用できる最大5万円のキャッシング機能を除けば、学生はキャッシング機能を使えません。 下手にキャッシングを利用する恐れもないので安心ですが、海外利用でも5万円という限度額は低いような気がします。

海外旅行傷害保険では最高2,000万円の補償

また、クレジットカードの代表的な付帯サービスとしては、海外旅行傷害保険が挙げられますが、 JP BANK カード EXTAGEには最高2,000万円の補償が受けられる海外旅行傷害保険が付帯しています。 年会費無料のクレジットカードとしては、十分な補償内容だといえるでしょう。 ####ただし利用付帯 しかし、JP BANK カード EXTAGEに付帯している海外旅行傷害保険は「利用付帯」だということに気をつけなければいけません。 そのため、ツアー代金や搭乗する公共交通機関の代金をJCB カード EXTAGEで支払わなければ、補償を受けることはできません。

JP BANK カード EXTAGEを作るには

では、JP BANK カード EXTAGEを作るには、どのような手続きを行えばいいのでしょうか。

普通口座がない場合口座を開設することから始まる

JP BANK カード EXTAGEを発行するためには、ゆうちょ銀行の口座を持っていなければなりません。 そのため、ゆうちょ銀行の普通口座を持っていない場合には、カード発行に先がけて口座を開設しておく必要があります。 本人確認書類、印鑑などの必要書類を持参のうえ、最寄りのゆうちょ銀行または、郵便局の窓口にて口座開設の手続きを行いましょう。

すでにJP BANK カードを持っている場合は廃止手続きが必要

すでにJP BANK カードを持っている場合には、JP BANK カード EXTAGEを発行することはできません。 JP BANK カードの廃止手続きを行ったうえで、改めてJP BANK カード EXTAGEの申し込みを行う必要があります。 廃止の届け出を行ってから、実際に手続きが完了するまでには2週間程度必要なので、2週間ほどたってから申し込みを行いましょう。

発行に時間がかかる

JP BANK カードの廃止手続きには2週間ほどが必要です。 普通に申し込む場合でも、入会申込書が送られてくるまでには1週間程度かかります。 発行の手続きを開始してから、実際にカードが発行されるまでには、少し時間がかかると思っておきましょう。  

ゆうちょ銀行以外で学生が作ることができるカード

JP BANK カード EXTAGEは、学生でも取得することが可能なクレジットカードです。 では、JP BANK カード EXTAGE以外で、学生が取得できる年会費無料のクレジットカードには、どのようなカードがあるのでしょうか。

学生専用ライフカード

f:id:retador:20160310171026j:plain

まずは、独自のサービスが人気のライフカードから紹介していきましょう。

3営業日内の発行が可能

ライフカードは、申し込んでから発行されるまでが非常にスピーディーです。 最短3営業日で発行されるので、すぐにクレジットカードを利用したい事情がある場合などには、心強い存在です。

海外での利用時には5%がキャッシュバック

ライフカードは、学生の中でも特に「海外旅行や海外留学に行く学生」に人気のカードとなっています。 その理由は、海外での利用金額の5%が、年間5万円を上限としてキャッシュバックされるからです。 つまり、ライフカードを用いてショッピングをする場合は、常時5%オフになっているのと同じことになります。 海外旅行や海外留学に行く学生に人気なのも、納得ですね。

誕生月はポイント5倍

また、ライフカードは通常時は還元率0.1%のクレジットカードですが、誕生月に限っては還元率が5倍となり、還元率0.5%のカードとなります。 条件付きとはいえ、年会費無料でこれほどの高還元率のカードは、ほかにないでしょう。 そのため、誕生月限定のサブカードとして所有している人も、数多くいらっしゃいます。  

エポスカード

f:id:retador:20160310171024j:plain

続いては、ファッションビルのマルイなどで便利に利用できるエポスカードです。

即日発行

ライフカードの最短3営業日発行もかなりスピーディーではありますが、エポスカードはさらにその上を行き、最短即日での発行が可能です。 「今晩の飲み会までにクレジットカードを何とか準備しておきたい・・・」というような場合でも、エポスカードであれば間に合う可能性があります。

海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで自動付帯

また、エポスカードには海外旅行傷害保険が自動付帯しています。 JP BANK カード EXTAGEの海外旅行傷害保険は利用付帯でしたので、こちらのほうがより便利になっています。 補償内容も最高2,000万円と、年会費無料のクレジットカードとしては、十分な金額だといえるでしょう。

年会費は永久無料

すでに上の項目でもお伝えしていますが、やはり年会費が無料なのは魅力的なポイントの1つです。 そして、エポスカードも学生専用ライフカード同様に、JP BANK カード EXTAGEとは異なり、途中で年会費有料のカードに切り替えられるということはありません。 いつまでも年会費無料で利用することが可能です。  

まとめ

以上、ゆうちょのJP BANK カード EXTAGEと、学生でも取得可能な2種類のクレジットカードの紹介でした。 JP BANK カード EXTAGEも便利なカードではありますが、総合的に見ると、学生専用ライフカードとエポスカードの利便性のほうが勝るといえます。 学生の方がクレジットカードの取得を検討する際には、後者の2枚を中心に検討するのがいいのではないでしょうか。